WWDC2015 注目は?

いまやすっかりAppleに踊らされている元Windows信者のSat4です。
あ、でもApple Watchは買っておりません。今の所買う予定もありません。(汗)

さて今回のWWDCで注目されるのはApple TVともっぱらの噂ですが…
やはり新iOS、新OSXは押さえておきたい所です。
特に今年は対抗馬としてWindows10がリリースを控えていますからね。
そういった意味ではAppleがどういった方向性を出してくるのか?という所に注目を置くべきでしょう。

しかしながらApple TVに注目が行くのも無理はありません。
その一つの根拠としてあげられるのがiOS8の目玉機能の一つとしてあげられていたHome Kitです。
スマート家電と銘打った家電は少しずつではありますがリリースされているものの足踏み状態のままです。
ここにAppleが介入することで何か一つの方向性が見えてくるかもしれません。

そういった意味ではCarPlayの動向がどうなっているのか、そういえばチェックしておりませんでした。

このように今回も何かしら目玉となる新機能があったとしても実用化に至るまでに時間がかかるといった可能性も秘めている。

そこを考えると今回は新機能というよりは今までの足固め的な位置も十分考えられるかもしれません。
とは言え、足踏みはしていられないので何かしらあるとは思いますが、新機能を追加することでシステム的に負担が来ている感じもするので、ここいらで安定性という足固めもして欲しいところです。(それをApple製品に求めること自体間違っているのかもしれませんが…)

元々WWDCは新商品発表の場ではないはずなのでiPhoneやiPadに関してはないと思われますし、またMac系に関してもひっそりとマイナーチェンジしておりますのでこれまたないかと…(ここで噂のないMac miniとか来たら心動きそうですが…。)

さてさて、答え合わせは日本時間6月9日AM2:00からのWWDCで要チェック!

仕様をちゃんと理解していますか?

先日、知り合いからこんな電話を頂いたのだ。
「複数台でPROMISE社製のPegasusっていうのを共有で使っているらしいのだけど書き込みが遅いらしいのよ…」

知り合いが相談を受けた内容で、知り合いはWindowsはわかるにしてもMacはよくわかっていないのでMacといえばとピンと私が浮かんだらしい…

いや、私はまだMac歴3年ですぞ…と思いながらも、とりあえずその内容がごちゃごちゃしていてよく分からない相談を受けた話をまずは整理する。
まぁ現場を見ていないので正確なところはわからないが、聞いている限り完全なボトルネックが存在していることだけは判明した。

この製品、とても速そうで便利そうだって事はわかるのですが、問題は接続するインターフェースがThunderboltである事が条件です。
ところがどういう構成をしているかははっきりとはしないもののWi-Fi経由で共有している事が判明します。

さて、何が問題なのでしょうか?
そうです。Wi-Fiが最大のボトルネックですね。

Wi-Fiの仕様はわかっていませんが、802.11acだとしても理論値は1300Mbpsです。
しかし、実際には電波状況や距離、暗号化により実行速度は変わります。
よって、ギガビット有線LANよりも実行速度が遅くなる可能性があるのです。
それだけではありません。

Thunderboltの理論値は10Gbpsです。この製品の説明にも書いてありますが800MB/s以上のパフォーマンスを誇るストレージですからこの最大パフォーマンスを生かすにはThunderboltで接続するしかありません。

え?数字的にはWi-Fiでも問題ないじゃないかって?
それは単位を無視しているからです。
単位を揃えると6400MbpsとなるためWi-Fiでは全くもって足らないわけです。
bpsとはbit per second
B/sはByte per second
1Byte = 8bit

よってギガビット有線LANであっても速度は足りませんね。

しかしながら共有となると構築が楽なのはネットワークを使うことですが、Wi-Fiよりも確実な有線LANで、もっと確実にしたければSAN(ストレージ・エリア・ネットワーク)を使うこととなります。

Wi-Fiというのはワイヤレスになって便利ですが、その分デメリットも多いということをお忘れなく。
電波状況というのは単に送受信している電波強度だけでなく周りに飛んでいる電波も影響を受けます。特に2.4GHz帯の電波は最近ではあちこちで飛び交っているため障害になりやすいものです。どうしてもWi-Fiでというのであれば5GHz帯で接続するべきですね。
また親機と子機で規格が違うもの使っている場合も問題ですし、メーカーによっては相性問題なんてものもあります。

よって、知り合いにはとりあえずのアドバイスをいたしましたが、現場を見ないことにはなんとも言えないですね。

iPhone4S遂に予約へ!

ようやく料金プランがはっきりしてきたので、予約した。

HTC EVO WiMAXに関する記事はアメブロに書いてしまったので割愛するが、私の場合テザリングが出来る環境にあるため、ISフラットには興味がない。
…が機種の分割割引は当然無くなってしまう。
しかしながら、月々の支払いを考えてみると、その差は一目瞭然である。
狙うのは当然ながら64GBなので

通常契約の場合
・プランEシンプル 780
・ISネットコース 315
・ISフラット 4980(「IS フラットiPhoneスタートキャンペーン」)
・APP(AppleCare Protection Plan)325(auのみの分割プラン)
・機種分割 840(割引適応)
合計 7260円

月々割いらない場合
・プランEシンプル 780
・ISネットコース 315
・ダブル定額スーパーライト 390
・APP(AppleCare Protection Plan)325(auのみの分割プラン)
・機種分割 3000
合計 4810円
差額2450円

もちろんEメールもCメール(SMS)いらなければ705円引くことも可能。その差は3000円以上に
これは大きい…

私の場合、どのみちテザリングなのだ。
EVOはその為にバッテリーも用意したし…
まぁ、EメールやCメールもいらないと言えば入らないのだが…今は悩んでおこうw

iPhone4Sは飛びつくほどの魅力があるのかと言われると、iPhone4からすればそこまで…って感じではある。
だが、それは今だけであって、後々後悔するのは目に見えているのだ。
…で一番の魅力はなんと言ってもカメラだ。

iPhoneのカメラは馬鹿に出来ない。
これは様々なモバイル機器を使ってきた正直な感想だ。
明るいところではわかりにくいのだが、暗いところでの撮影ではその違いがはっきり出てくる。
大げさと言われるかもしれないがデジイチ並の写真や動画が撮れるといって過言ではないと思う。
いつも身につけていて、撮りたいときにさっと撮影できる…
コンデジは忘れることはあっても、携帯を忘れる事はまず少ない。というか忘れたら大事と人もいるだろう。
絶対的に持ち歩いている…ということになれば、これは魅力ではないだろうか?

誰もが最初はピンと来ないのである。
iPodが出たときもそうだった。iPhoneが出たときもそうだった。しかし今はどうだろう?

そんなわけで、最近すっかりApple信者になってしまっているSat4であった。

久々にアメブロを書いてみるなど…

ご無沙汰しています。Sat4です。
最近流行っているの?
なんかあちこちでアメブロを見かけるようになりましたが…
まぁいいのだ…そんなことは…
長いこと書いていなかったから恐らくこんなことも書いていない。
それは…
Triangle - Dual's
はいこのボタンを押して購入するのみ!
押し売りはしませんが、iTunesからアルバム「Triangle」をリリースいたしました。
携帯から見ているそこのあなたはmero.jpからもDLできます。
このアルバムリリース前後からUstream配信も開始し始めたり…
そうかと思えば、3.11で被災…津波には遭っていないが地震で住んでいるところは、水道管が破裂してしまい天井からだだ漏れ… もはや住める環境ではない。
そこに、福島原発の事故ときた。
日本政府等の発表に府が落ちない私は自主避難…
色々ありましたが、なんとか生きています。
作曲もぼちぼち初めております。
今、二曲できていますが、作詞してくれる人を募集していたり…
詳しいことはTwitterで@Sat4_Music宛まで問い合わせてくださいな。
そんな感じで、生存報告でした。

Google Chromeをちょっと活用に向けてみる

いまさら感も甚だしいが、ようやくGoogle Chromeに本腰を入れてみる。

まぁある意味しかたがない。最近になって『クラウド』という言葉を頻繁に聞くようになれば、やはりほったらかしにしておく訳にもいかないだろう。

どうにか今の時代についていけているのかな?っていう感じだが、ちょっと遅れを取り始めた感はある。
少し目を向けていくしかない。

まぁ、重い腰を入れたのには訳がある。
これまで必要がなかったのだが急遽必要性を感じた。
もっともそれが3.11のほかならないわけだが、今までは自宅に常にオンラインにしてあるパソコン環境があり、何かがあればリモートデスクトップで呼び出せていたが、今は常にそういう環境におけない。
つまり、ここにきてようやくクラウドの必要性が出てきたわけだ。

とはいえ… 今までクラウドを全く使ったことがない訳ではない。既にMobile Meなどで体感済みだ。
だから見新しい とはいいがたいが、うまくできているということは評価したい。

ただ…その一方でセキュリティー面も気になる。
Chromeはパスワードなども記憶できる。しかもそれはクラウドで共有する…となれば、常にログインできる環境は最も危険。いや…Googleアカウントとパスが漏れてしまえば一環の終わりなのだろう。課題はまだありそうだ。
ともあれ…利便性を問えばこれほど便利なものもないだろう。
まだ使い初めなのでこれから徐々にいろんなところが見えてくるだろう。

Google+&ChromeOSを体験してみる

長いことおさぼり中だったBlogを活用していかなくては…と思い、やはり今ならTwitterやFacebookとの連動は書かせないだろうということで、ようやくTwitterFeedを使って重い腰を上げるに至る。

Google+に関しては最初は興味がなかったが、不思議なものでツイートを追いかけているとだんだん気になって仕方がなくなる。
最終的には、とあるフォロワーさんに招待してもらって体感することとなる訳だが、面白いもので体感することでやっと中身の全容がわかるというものなのだ。
Google+は現在βということもあるのでこうなればいいもっといいのにと思うところは多々あるが、それはひとまず置いておこう。
実のところ、見新しくはない。今までのサービスのいい所を全部持ってきたというのが正直な印象ではあるが、その使い方がうまいというのも事実だ。

特徴としてはサークル分けだが、SNSの中では珍しくない。
特に日本のサービスではmixiにもあった話だが、それをもっとわかりやすく、視覚的にすることで、初心者でも使いやすいのではないか?というイメージだ。

Start G+というプラグイン(但しChromeのみ)を使えばTwiiter、Facebookとの連携も可能になる。その逆もできれば尚便利なのかもしれないが、これに関しては今後に期待するとしよう。

でこれまたとあるフォロワーさんがきっかけで、ずいぶん前から気になっていたChromeOSに手を出してみる。
その中でもメジャーなChromiumを早速使ってみることにする。
USBから起動できる。(実証機はFujitsu FMV BIBLO LOOX M/E10)
起動はとても速い。

Webだけで完結できる人にとってはこれほどさくさく動いて軽いOSはほかにないといっても過言ではない 。
まだいろいろ試してみなくてはいけないが、個人的にはかなりの好感触だ。

まだ使い初めなので、また記事を書くこともあるだろう。
質問などあればどんどんお寄せいただければ…回答できることはお力になれるかと思います。

iPhone vs Android

何かと話題のAndroidですが、iPhoneユーザーからすると魅力を感じないという意見が多い。
その理由を私なりの視点でまとめて見た。

私からすればAndroidにはある程度の魅力を感じる。
しかし、最終結論として「iPhoneはすごいね。」となってしまった。
それはいったい何だったのか?

【Androidに私が魅力を感じた部分】
・Flashに対応
多くのiPhoneユーザーが一番残念がっている部分。
これにより殆どのホームページ閲覧が難なく行える。

・FeliCa(おサイフケータイ)対応端末があるガラケーユーザーがなかなかスマートフォンに移行できなかった最大の理由はここにあるのではないだろうか?

・赤外線ポート対応端末がある
これもガラケーユーザーにとっては待ちわびていた機能の一つ?

・パソコンが無くても契約、使用できる
iPhoneを持ちたくてももてなかった理由の一つか?

・全キャリアから端末が出ている
機種の違いはあれど、キャリアを気にせずにAndroidを使える

私の場合、docomoのGalaxy Tabを契約している。
理由はナビとして持つにはiPadは大きすぎるし、持ち運ぶのにも少し大きいと感じる。
だから大きさ的にちょうど良いと感じたのが一番の理由だ。

最初はAndroidもすごいな…と感じていたが、なぜ最終結論が
「iPhoneはすごい。さすが5年先を行く技術と言われているだけのことはある」
になってしまったのだろうか?

この理由はスタッフの一人がauのIS03を所有しているおかげで見えてきた。
そしてこの結果はWindows vs Macにもつながる答えにも…

総じて言えば何故Appleの製品はすごいのか?ということにつながる答えとなる。
それはいったい何なのか?
それはiPhoneにもう一度目を向けたときにはっきりと見えてきた。

よく考えてみると、日本での発売はiPhone3G / iPhone3GS / iPhone4と出たが、それぞれ現在iOS4.2であっても実はそれぞれにチューニングされたiOS4.2が用意されていることに気がつく。
これは3製品とも持っているユーザーなら気がつくはずだ。
iPhone4をiOS4.2にした後にさぁiPhone3GSをiOS4.2にしようとするとダウンロードしたはずのiOS4.2を適用ではなく新たにまたiOS4.2をダウンロードして適用し始める。

各製品に適した…つまりチューニングされたiOSが用意されている。
ハード設計もソフトウェア設計も自社で行っている。よってとことん追求した製品を出すことが可能になる。

対してAndroid端末はどうだろう?
OSはGoogleがつくっているがハード設計はすべて他社だ。

もちろん、ハード設計をした会社は最適に動くようにAndroid OSをチューニングしてはいるのだろう。
だが、ここからが大きなポイントとなる。

「iPhoneはそれしかないが、Androidには色んな端末がある。」

APPは色んなソフトウェアメーカー、また開発者が出しているが、Androidのアプリは私の環境で言えばGalaxy Tabでは動くけどIS03では動かない。またその逆もある。

さて、こうなった場合にバグ報告をし、ソフトウェア開発者はそれに基づいてバグフィックスを行うわけだが、iPhoneはいわば全部同じ端末なので、自分の持っているiPhoneで問題なく動けば、みんなの持っているiPhoneでも問題なく動くという筋書きが見える。
それに対しAndroidは自分の持っている端末で動いたとしても、他の環境では動かない可能性があるということが分かる。
ここに大きな差を生み出す結果となる。

つまり、一般ユーザーからすれば、Apple製品はハードルが低く、WindowsやAndroidはハードルが高いということが見えてこないだろうか?

よってAndroidはWindowsとほぼ同じである。

これらのことから最終結論が
「iPhoneはすごい。さすが5年先を行く技術と言われているだけのことはある」
となってしまうわけだ。

考えてみればごくごく当たり前の結果。
なんでゲーム機のゲームはバグが少ないんだろう?
ハードが一つしかないから…

ここに行き着くのに私は今まで時間をかけてしまっていたとは…
と改めて自分の不甲斐なさを感じるのだった。

遅ればせながらあけましておめでとうございます。

長いこと放置しすぎていてごめんなさい。
いやぁ2010年がとうの昔に来てしまいました。

…というわけで
長々と放置していたため、公式blogでありながらなに~も記録を書いていなかったのでここで一気に書きますよ!

2007年9月に知り合って以来、2007年12月からたびたびコラボを行ってきたさくまなさんと正式にユニットを組むことになりました。

それがDual’sです。
既にロゴマークも!

2009年12月に結成!
そしてDual’s結成後、初の新曲を公開致しました。



というわけで今年も宜しくお願い致します。

Macintoshについて語る…

仕事の関連で、Macも操作できるようにとMacBookが送られてきた。
2週間の貸し出し…期限付きだがだいぶMacの良さが分かりだしてきた。
そこで私なりのMacに対する思いを語ってみたいと思う。

取っつきにくいイメージ
Macといえばこれまでクリエーターが使うものというイメージがかなり定着している。
よって難しいのではないかとか変なイメージにとらわれやすい。
しかし、昔からGUIを基調としたインターフェースは実は非常にわかりやすい。
ただ設定面は難解で、この部分さえ突破できればあとはWindowsよりも楽というそんな一面を持っている。

その点WindowsはもともとDOSから発展したもので、いわゆるテキストサービスからGUIへの移行という代物。
Windows95になって初めて完全にDOSから切り離されたサービス。
しかし近年Macの影響を大きく受けているのが特徴。
それもそのはずである…GUIを突き詰めていくとどうしてもそうなるのだ。

GUIを基調としているMacは昔はすごく高かった。
それはやはりグラフィック処理部分に膨大な費用がかかるという所にあるだろう。
しかし…近年に来てその常識を覆すようになってくる。

その先駆者的存在はまずiMacから始まる。

「見た目的に欲しいと思わせるデザイン製の取り入れ。」
近年のアップル製品の特徴はなんと言ってもデザインである。
Windows機よりは若干高いイメージはあるものの、欲しいなぁと思わせるデザインは目を惹くものがあった。
特に液晶を採用してからiMacにおいては既に置いてあるだけでインテリアである。

さらにMacへの常識を変えたのが、iPodである。

「Windowsユーザーでも使えるiPod/iPhoneの登場」
iPodユーザーは短期間で増えていった。
それはデザインももちろんだが使いやすいインターフェースというのが特徴だろう。
使ってみて初めてiPodはいいものなんだなと実感できる。
iPhoneは残念ながら日本の携帯電話と仕様が異なることからやはり一歩引いてしまうところがあるもしれないが、パソコンをそれなりに使える人にとってはこれほど画期的なモバイル端末は類を見ない。
さらに近年…Windowsユーザーを巻き込む大々的な革命が起きる。

そう…Intel Macの登場である。

「もはや中身はPC/AT互換機 Intel Macの登場の大きさ」
コストパフォーマンス…という点に置いて、これならば…という納得のいく製品。それがIntel Macである。
特にMac OS XからUNIXベースになったことからUNIXユーザーからの視線も熱くなる。(Mac OS X 10.5からは正式にUNIXとなる)
そしてなんといってもBootCampによってWindowsが動くようになった…というのが一番大きい。
これまでMacは欲しいけど…でもWindowsが使えないと…という私のようなユーザーでもMacは良いんじゃないか?と思わせる。
ハード面もMac Proを覗いてみてみるとそのコストパフォーマンスはうなずけるものがある。
同等のハードを搭載した他のパソコンと比べてみるとMacでも良いんじゃないか?という気にはなる。

…がしかしなかなか手が出せなかったのが私である。
お金がない…というのも一つだが、それだけではない。
やはり手に持って使える機会がなかっただけに、なかなか取っつけなかったのである。
ここに来てようやく、その現状を知ることになる。

「MacでWindowsが動く喜び」
ソフト面では圧倒的に安価で多くのソフトが出ているWindowsの方が有利である。
しかし、芸術面においてはやはりMacだよね…というものがある。
Mac環境は欲しいけどWindows環境もきっちり欲しい。そんな願いを叶えてくれるのがBootCampの存在である。
色々試させてもらっているが全く問題がない。
Macを検討している人にとってこれほど嬉しい物はない。
…がしかし個人的に残念と思うのがMac Proである。
確かにハード構成を見る限り金額は妥当…と思うが、もうちょっと柔軟な部分が欲しい。
特にメモリは高すぎで増やそうにもちょっと戸惑う部分がある。
自分の欲しい構成にするとあっという間に60万を超える。
それだけあったら高性能なWindows機が2台以上作れてしまいそうである。

だからといってiMacでは今度はPCI等の拡張バスが排除されているため拡張はUSBかFirewire等の外部機器になってしまう…
しかしそれでも良いのかなぁと思う部分もあるが、CPUがCore 2 Duoというところが悲しい。
そういった意味で私が手を出しても良いなぁと思えるのはMacBook、及びMacBook Proてある。
ある程度のことはやりたいので当然MacBook Proに分売は上がる。
これまでの高い…手を出しにくい…というイメージの払拭が本当に出始めてきた。
そんな感じである。

Desktopのほうもあともう一歩…頑張って欲しいと切に思うのは私だけだろうか?

むしろPC/AT機にMac OS Xが動くようにしてくれると、個人的には万々歳なのだが…

進行状況…33% & iPhone OS 3.0

進み出しました。(あせ)
…とはいえ、今日はトラブルも(かなし)

よーしこれで保存ってところで久々にパソコンがフリーズしました。(わーん)
そんなことが3回も起きてしまい、作り直す羽目に…
自動保存機能のあるCUBASEに慣れているとこまめに保存することを忘れていますね。
FLASHにも自動保存機能付けて下さいって言いたくなりました。

とりあえずでかい山は越えたかな?

話変わって、なんだかiPhone OS 3.0がリリースしたらしいのですが、既に私のiPhoneはもはやiPod化していて、アップデートする意味があるのかすら分かりませんorz
MMS使えるようになってもなぁ…
ただメールの着信音が使えるようになるらしいので、ちとiPhoneらしく使えるかなぁ…という部分がでてきた感じです。

…というわけでさっそくiPhoneのアップデートをと思ったのですが、ほったらかしにしていたので電池が切れていました。(ホントにiPhoneとして使っていない事がバレバレであるw)