Posted in ブログ

紅白歌合戦…

今年の紅白は良かった。凄く良かった…。

いやぁ笑福亭鶴瓶さんの司会…いろいろ騒がれましたが…良かったですよ。

いつの頃からか…全然見なくなっていたのですが

今年は他の番組がおもしろくないため仕方なく紅白にチャンル音を回したのがきっかけでした。

いやぁ…来年もこういう紅白にしてくださいよ。

いろいろ騒がれた紅白だったけど今年のは見応えありました。

何より鶴瓶さんの司会が良かった。本当に良かった。

今年最後に、良い曲をいっぱいありがとう。

そして来年は私の曲もここに届きますように(無理無理w

Posted in ブログ

おっと…

ピアプロに行ってみたらテレビ東京の「金のたまご」発掘バラエティー「うぇぶたまww」とピアプロとのコラボ企画が…

…というわけで早速応募してみた。

http://piapro.jp/a/content/?id=mi4frfls9a553jha&pid=sat4

Posted in くだらないことだけど

アメブロを選んだ理由…

それは若槻千夏ちゃんの事が好きだからです。
…と書いておくと踏んでくれるかなぁ汗

まぁ冗談のようで冗談ではないのですが、若槻千夏ちゃんのことは好きですが、だからこのブログを選んだ訳ではありません。
知り合いがこのブログを使って書いていたのがそもそものきっかけ。
結構沢山の有名人がいるからおもしろそうだなぁと思ったし、ブログだけどメンバーにしか公開出来ないとかおもしろい機能あるし…

それ以外にも…あたいには好都合な機能がいっぱいあって…

そんな感じでアメブロを始めたわけですが、使ってみての感想としてはまずアクセス数に驚きました。
まだ単なる自己紹介や機材紹介ぐらいしかしていないのですが、日々確実にアクセス上昇中。
まだコメントはついていませんが、このアクセス数は驚きです。

知り合いからは「目指せ若槻千夏!!」なんて言われていますが、どう考えたって無理です。
そうね…あり得るとすれば…


「千夏ちゃんが私のブログに茶々を入れに来る」ようになればきっと…

でも千夏ちゃんとは面識無いので、あり得ない話ですねぇ…
あっでもでも

千夏ちゃんLoveドキドキ

なので…いつでも絡みに来てください…(だから見てくれるかも分からないってのあせる
あたいは千夏ちゃんはもてると思っているし、あたいが独り占めしたら敵が増えそうで怖いのですが、本人もてないとか言っているし…これからは助手席組とか言って車売りに出していたし…ってことは彼氏いるって事だよね音譜

でもね…でもね…アメブロであたいが一番注目しているのはVERBALさんだったりw

まぁとにかく、アメブロに来てからというもの…
有名人が多すぎて困ります。

あたい…肩身狭いけど…頑張る(なにを?)

…とまぁ変なやつですが
あたいがアメブロを選んだ理由が分かっていただけたでしょうか?(だから殆ど説明していないって…)

じゃ又明日DASH!

Posted in これ聴いてます

あたいに影響を与えた音楽

気が付いたら2時間遅れで書いております(-"-;A …アセアセ
今となっては手元に1枚もCDって無いのですが(色々あって大量処分)、あたいが影響を受けている音楽はいろいろあります。

もともとエレクトーン出身ということもあり、好きなジャンルはFUSIONとなり、聴く音楽も初めの頃は凄く偏っていました。今でこそいろいろなジャンルは聴くようになりましたが、単調的なラップ(HIP HOP系)とやかましい系(パンク、メタル、ヘビメタ系)はあまり聞きません。(但し、全般的に嫌いというわけではなく、中にはかっこいい物と感じた場合は好んで聴く物もあります。)

そんなあたいが初めて自分のお金で買ったCDは

THE SQUARE
YES,NO.

もっともこのアルバム以前からTHE SQUARE(現T-SQUARE)の曲は聴いておりましたが、自分で買ったのはこれが最初です。
サックスの伊藤たけしさんが一時脱退するまで(現在は復帰)の曲は好んで聴いており、変わって本田雅人さんになったときからは殆ど聴いていないですね。

邦楽で一番最初に買ったのは

H Jungle With t
WOW WAR TONIGHT REMIXED

浜田さんが小室さんに「ミリオンセラーお願いしますわ。」とHEY!HEY!HEY!で頼んだところまでは知っているのですが、その後の流れを全く知らず、有線で聴いて「これ良い曲音譜」と思いレコード店で必死こいて探した…。
写真のはリミックス版ですが、もちろんこれも買いましたがシングルが一番最初。

エレクトーン出身なので当然、このあたりも買っていました。

窪田宏, 平野孝幸, 幾見雅博, JESSIE RAIN
窪田宏 BEST
松田昌

しかしながら、このアルバムと出会ってから大きく流れが変わります。

オムニバス, アレクシス, デイブ・ハモンド, クイーン・オブ・タイムズ, ジリー, ジョー・フォスター, ロバート・パットン, バネッサ, アン・シンクレア, デレク・シモンズ
スーパー・ユーロビート Vol.53

リミックスグループのひとつである横田商会(Y&CO)が初めてノンストップCDを担当したアルバムでもありました。
ここから一気にユーロビートの世界へ飲み込まれ…

オムニバス, ロジャーズ、コンティニ&シンクレア, ヴァージネリー, リンダ・ロス, アナリーズ, マイオ&コー, キング&クイーン, ゴー・ゴー・ガールズ・フィーチャリング・アナリーズ&ヴァージ, テンション, デイヴ・ハモンド
スーパー・ユーロビート VOL.110~ミレニアム・アニヴァーサリー・ノンストップ・メガミックス~

までは根気よく集めました。
残念ながらこの後ブームが去っていきましたが…

この頃からダンス系ミュージックはよく聞くようになり、もちろん当時流行っていたダンスマニアシリーズも聴いていましたし、80’sなんかも好んで聴いていました。

もっともダンスマニアシリーズの影響が一番大きく出たのは何と言っても

ゲーム・ミュージック, MITSU-O!, マントロニク, スペシャルズ, デザイア, 180, キングコング&D.ジャングル・ガールズ, ジュリエット・ロバーツ, ミスター・エド・ジャンプス・ザ・ガン, スマイル.dk
ダンス・ダンス・レボリューション 2nd MIX ― オリジナル・サウンドトラック Presented by ダンスマニア

これですねぇ…当時はゲーセンでよくプレイしていました。
もちろん同時期に流行ったビートマニアもにひひ

そう…ビートマニアの中の曲で「これCD欲しい」と買った曲もちらほら…
特にBEATMANIAⅡDXがそうでした。

m-flo, Junji Chiba, Masato Ishinari, H.U.B., Sphere
ザ・トライポッド e.p.

今や大フォンであるm-floのメジャーデビューマキシシングルと巡り合わせてくれました。
1曲目に収録されている「フロウ・ジャック」…この曲からHIP HOPも聴くようになったのですが、あたいの好みはやっぱりVERBALさんのラップみたいです。
さらにはこんな曲も…

Monday満ちる, Greg Smith, The Angel, Sakura Hills Disco 3000, DJ Krush
DOUBLE IMAGE

6曲目にアルバムバージョンが収録されている「YOU MAKE ME」。あたいが探したときはこのアルバムしか見つからなかったけど、「YOU MAKE ME」はマキシシングルも出ているみたい。BEATMANIA 4TH MIXでも使われて、同サントラCDにも収録されていましたね。

この時代といえば…何と言ってもTK全盛期でもあり、当然globe,華原朋美,安室奈美恵等はよく聞いていましたし、よく買っていました。

ところが…ある時からCDはぱったり買わなくなりました。
それは、アマチュアやインディーズで活躍する人たちの曲ばかりをネットで聴くようになってからですね。
時代の流れとしてはWinnyやWinMXが原因でCDが売れなくなったということでCCCD(コピーコントロールCD)が出始めたころでした。
パソコンで聴けないどころか普通のCD再生機でも聴けないことがあり、最悪なケースだとCDドライブが壊れたり、コンポが壊れたりするなどの厄介者でした。(カーステレオ等も先読み構造があるためPCと見なされ再生できない等の問題もありましたね。)
時期的には良いなぁと思う曲が少なくなっていたのも事実でした。

…がそんな中であたいが最も衝撃を受けたCDといえば

m-flo, Lori Fine, 矢島正明, Patrick Harlan, BoA, DOUBLE, 坂本龍一, 野宮真貴, Crystal Kay, BOY-KEN
ASTROMANTIC(CCCD)

CCCDで唯一買ったものですね。
未だにこれだけは色々聞いては分析しております。
それくらいあたいを虜にしてくれました。

でも…ここから後は…
音楽番組すら見なくなってしまい、聴くのはアマチュア、インディーズの曲ばかり…

たまにちらっと見るとジャニーズがランキング1位になっていたりするけど…実際には売れてない。(1人の人がジャケット違いや収録されている曲違いなどで複数枚買い求めるというジャニーズ商法でランキングがあがるだけでその後売れ続けることがない…つまり流行っていない曲であることが多い。)

だけど…ここ最近あまりにも聴かなくなったから、最近の曲が分からないのも現状…
たまにはCDショップを散策するのもおもしろいかも知れないなぁと思ったりあせる
でも探すなら、今時の曲よりもやっぱ古い曲かな?
色々なヒントが隠れていたりするし…

また、CDについて書ける日が来るかなぁ?

Posted in 機材紹介

機材紹介…モニター編+α

つい最近になってようやく力を注いだのがモニターです。

これまで、そんなに意識していなかったモニターだったのですが、それなりの環境は整えておくべきかなぁと思い出し、モニターにしていたヘッドフォンが死にかけたことと新しく買ったヘッドフォンが自分の耳に合わず長時間はめていると耳が痛い事などから本格的に力を入れてモニター選びをすることになりました。

定番といえば…

スピーカーなら
YAMAHA NS-10M

ヘッドフォンなら
SONY MDR-CD900ST

と言ったところですかねぇ?
まず取りかかったのはヘッドフォンからでした。

10,000円以下の製品というのは選ぶ物によって音が全く違い、10,000円以上の製品については素人にはその違いが殆ど分からないと言われております。
なかなかヘッドフォンの視聴が出来るお店って無いのですよ。あればもちろん聞き比べするのですが…
では決め手となるのは何か?
それは数値とユーザーレビューと口コミになるわけです。

その上で、候補を3つ上げてみました。

やはり定番の
SONY MDR-CD900ST

再生周波数帯域で選ぶなら
SONY MDR-Z900HD

あたい好みのメーカーで探すと
audio-technica ATH-A900

この中で1番に候補から外れたのはSONY MDR-Z900HDでした。
理由は次の通り…

・5Hz – 80KHzまで対応しているがそれが分かるだけの再生機器を持ち合わせていない。つまり必要性を感じない。
・カールコードは邪魔にならないようで邪魔になるし、またヘッドフォンが引っ張られて重たく感じてしまう。レビューを参考にするとコードが重たくて切れそうだとある。

…で最終的に私が選んだのはこれだ

オーディオテクニカ
audio-technica ATH-A900 アートモニターヘッドホン

一番の決め手は自分の好きなメーカーであるということでしたが、それ以外にも以下のような理由があります。

・再生周波数帯域が上である。(5Hz-40KHz)
・最大入力が上である。(2,000mW)
・インピーダンスが低い(40Ω)
・標準もミニプラグも両用で作られていること。(MDR-CD900STは標準プラグのみ)
・ユーザーレビューにより出音はフラットであることや音の定位がしっかりしているとのこと。

使用感としては以下の通り。

・思ったよりも大きく存在感があり、アルミハウジングにより高級感がある。
・ヘッドフォンの重さは殆ど感じない。また側圧も少なく、長時間の作業でも邪魔にならない。
・全体の解像度がしっかりしている。今まで埋もれて聞こえなかった音もはっきり聞こえるようになった。
・布巻コードのおかげでコードが絡みにくい。また非常に軽い。
・出音に特徴はなく、本当にフラット。モニター指向です。

結果として非常に良い買い物をしたと思っております。

余談ですが今は限定品でaudio-technica ATH-A900Tiというのが出ています。お値段も素晴らしいのですが、ハウジングにチタンを採用していたり等、かつて限定で出ていたATH-A1000に内容はよく似ていますが今回出ている限定版の方が素材は上。オーディオマニアの方なら飛びつきそうな製品ですね。

さて、今度はスピーカーです。
定番のYAMAHA NS-10Mは生産終了になっているため、入手は困難。またこれに変わるモニタースピーカーは今のところ実質出ていないとされています。
…でそんなに高いお金は使いたくない。でもモニター指向でコストパフォーマンスの良い物を探し求めました。

そして選んだのがこちら


BEHRINGER
BEHRINGER スピーカー MS40
(写真はMS20です。)

選んだ理由は次の通り。
・この価格帯での再生周波数帯域が一番広いこと(50Hz-25kHz)
・この価格帯でデジタル入力が出来ること。(オプティカル/コアキシャルとも24bit192KHz対応)
・ユーザーレビューからコストパフォーマンスが良いとの評価が多いこと。

結果として、凄く満足しております。
やはりデジタル入力が使えるというのは強みです。D/Aがいまいちという評価もありましたが、それはないと思います。
ただ、リスニング用として聞く場合は低音がやや強め、高音が若干小さいと感じるかも知れません。
モニター用としてはかなりいいと思います。これだけのコストパフォーマンスの良いスピーカーはなかなか無いと思います。

さてここからは+α機材

音って電源によって変わるって知っていましたか?
こだわり出すときりがないのですが、せめて電気的なノイズは押さえたい。
そこで購入したのがこちら

FURMAN M-8

FURMAN M-8 (パワーコンディショナー)

普通の電源タップを使うよりもこっちの方が断然良いです。
しかも音の傾向もこれを導入してから変わりました。
ただ、こだわり出すととことん高くなるので注意です。

そして、もう一つ。
雷の時期になると毎年欲しいなぁと思う製品といえば…
「無停電装置(UPS)」

ところがそれなりの電気容量を求めると結構お高い為、なかなか手が出ないのがこの商品です。
そんな悩みを解決してくれるのがこちら

CLASSIC PRO
CLASSIC PRO 無停電電源装置 UPS1200II

この性能でこの価格、探そうと思ってもなかなかありません。
とはいえ…この価格なので、バッテリーに切り替わったときにトランスがうなりますが…
ただ、この価格とはいえちゃんとUPSとして問題なく動作します。
この価格で安心を買えるわけですから贅沢は言えませんよね。

…と以上のような機材でいろいろやっております。
明日からいろいろ本格的なブログスタイルになるのでしょうか?
さてさて…それは見てのお楽しみに…ということでw

Posted in 機材紹介

使用機材公開…音源編

今日は音源機材を紹介していきたいと思います。

ハード音源に関しては昨日お話ししたとおり、YAMAHA MU128のみでして、今日の制作にはソフト音源が大活躍しております。

Steinberg Hypersonic

大変使い勝手の良いマルチ音源で、現在はHypersonic2も出ている。まだあたいはHypersonic2に切り替えていないわけですが、そのうち変えようかなぁと思っています。
比較的どんなジャンルでも使える音色が揃っています。

Native Instruments B4/B4Ⅱ

オルガン音源です。ハモンド系のオルガンの音が欲くて…でも殆ど使っていないかな…。
ただ、オルガンの音が欲しいなぁ…と思ったときにはこいつです。

Native Instruments FM7/FM8

かつてのDX7のノウハウを引き継いだFM音源。FM7は見た目からしてDX7そのものだったり。
あたいの作り出すエレピの音はこれで作っています。お気に入りラブラブ

Native Instruments Pro-53

アナログ音源です。デモ版で一番最初に登録されている音がかっこよくて買ったのはいいのですが、全然使っていません汗
そのうち活用する機会はあると思うけど…どうかなぁ?

Edirol Virtual Sound Canvas

SC-88Proで作っている人の曲を聴くときに重宝している。制作に使うことはほとんど無い音源。
ただ、たまに掘り出し物の音があったりするので使っています。

Edirol Super Quartet

ピアノの音がなかなか良くて購入。今のところピアノだけしか使っていない。
ギターとかもそのうち使う機会が出るかな?

Edirol HQ Orchestral

オーケストラ音源です。結構いい音するんですよ。ただ、残念なのはパフォーマンスを別に保存しておかないとDAW側では設定した指定が保存できないのが残念。

E-MU Proteus X2

かつてのProteus 2000等のノウハウを受け継ぐソフト音源。まだ手に入れたばかりなので制作に使用しているのは1曲だけ。割とジャンルを選びそうな音源かな?

Spectrasonics Trilogy

ベース音源。この音源を手に入れてからベースは間違いなくこの音源を使用しています。
お薦めラブラブ

Toontrack EZDrummer

ドラム音源。手に入れてから虜。ライブラリを今後追加したいと考えています。

YAMAHA VOCALOID2 (Liblary:HATSUNE MIKU)

ボーカル音源。なかなかボーカリストって見つからない…。自分の曲がどんな歌なのかというのを人に少しでも伝われば…という思いで購入。これほどブレイクするとは思ってもいなかった…。

音源に関してはこんな感じですね。
明日は、モニターについて触れていきます。

Posted in 機材紹介

あたいのいきさつ…機材紹介導入編

あたいのように友達の少ない人が音楽を作るのに最適な環境…それはDTM/DAW!!

あたいはもともとエレクトーンの出身で、小さい頃はyaSyaさんのようなエレクトーンプレーヤーになるのがあこがれでした。
そんなあたいに親は、それだったらもっと頑張ってみるかとのことでエレクトーン演奏研究会(俗に言う演研)に所属させてもらったのだけど、中学卒業のときに私は音楽系の高校に進もうとしたのだけど「大学にはいるときに考えなさい」といわれて素直に従い、たまたま親の転勤もあって編入試験で受けた県内でも3本の指に入るといわれる超エリート校(進学校)に合格してからという物…レベルが高すぎて全く勉強について行けず…親は勉強が大切だからといって、私からエレクトーンを取り上げた。
成績はボロボロ…、そして進路を決める時が来たのだけどあたいはここぞとばかり音楽の道へ進もうとしたけどダメの一点張り…
渋々大学を受験するも元々大学に行く気なんて無かったから当然桜が咲くわけがない汗

さらに言えば、高校卒業すら危なかった…。追試を受けて何とか卒業した程度。決して頭が良かったわけではない。

…という具合に読んでいただけば分かるとおりわがままでいい加減な性格。

その後、親の金を勝手に使い込んで勘当され…社会から外れた道を歩み続けた。外れた道を歩いて自分を失っていた。

そんなときに路上ミュージシャンと出会って…
「そうだ、何もエレクトーンじゃなくても私にも音楽出来る。」


幸い、小さな頃からパソコンに触れていて、当時はまだDTMなんて言葉はなかったけどDTMには既に触れていた。
DTMなら、お金もそんなにいらないし、すぐに取りかかれるのでは?っと始めたのが


YAMAHA XG Works


これに付属していたS-YXG50で当初は作り始めた。
でも、やっぱり所詮はソフト音源…ハード音源には適わないかと後に購入したのがYAMAHA MU128でした。

MU128

とにかく、この音源を使いこなすことを目標に曲を作っていた。
未だに現役ばりばりで使っています。最近は出番少なくなってきたけど、なかなか他の音源にない音がこの中にあったりするので重宝しています。

この頃に、有名作家とネットを通して頻繁に交流する機会があり、最近のソフトシンセは良いよ…なんて聞いて。
あたいの頭の中には、
「ソフト音源=しょぼい」
だったわけですが、この頃から同じXG音源を使っている人の中にYAMAHA SOL2を使うって人が増えてきて、あたいも使ってみようと始めてみた。

ヤマハ
YAMAHA ミュージックシーケンスソフトウェアSOL2 [MA-162W]
この頃から録音時のヒスノイズが気になりだして…
何とかならないかと…購入したのがこちら
クリエイティブ・メディア
Creative Professional E-MU 0404 PCI / Proteus X2 Bundle

今はProteus X2もバンドルされる物を買って使っていますが当時はE-MU0404(PCI)のみ
一気に音質改善しましたし、気になるヒスノイズもなくなっちゃいました。
…でこれについてきたソフトシンセが事の始まりで、
「最近のソフトシンセは侮れない」
となりまして…
「下手にハード音源買うよりもソフト音源の方が音が良くて安い。」
になってしまい…

そうなると当然…PCのスペックも必要になってくる。
やっぱり音楽制作といえばマックじゃないと…なんてよく聞くけど、最近はWinもMacもあまり違いが無くなってきたともいうし…
というより何より…Macに制作環境を移すには莫大な費用が必要になる…
だったら私はWin信者で行こうじゃないか…
というのは音楽上の建前であせる当時の仕事柄、そろそろ自分のパソコンでは苦しい環境になっていたため(当時Celeron 2.6GHz…ぇぇDなんてつきませんよ。)パソコンを新調する必要があったため…

その結果…現在選んでいるCPUは

インテル
インテル Core 2 Quad Q6600 2.40GHz BOX BX80562Q6600

コストパフォーマンスにおいて、このCPUは非常に長けていると思う。
ただ、SOL2ではシングルスレッドのためこのCPUを生かし切れていませんでした。
この状況を打破…また、SOL2の新たな開発はなくなり、YAMAHAがSteinbergを買収したことから前々から注目していたCUBASEへの移行を本格的に検討し、先日

STEINBERG CUBASE STUDIO 4
¥59,800
サンミューズYahoo!店

を導入いたしました。
慣れない操作に四苦八苦しておりますが、そのうち音源公開できればと思っております。
でもSOL2もまだまだこれから使う可能性ありw

明日はもうちょっと突っ込んだ機材紹介をしたいと思います。

Posted in プロフィール

初めまして♪
おそらくあたいのことを知っている方は2、3人くらいしかいないと思いますが~(=^‥^A アセアセ・・・

ひっそりとひっそりと…これまで某所で日記綴っていたのですが、あたいのお馬鹿度丸出しにして叩かれまくって消えるのも良いじゃないかと…無謀にもアメブロに挑戦してみることにしたのでしあせる

えーっとえーっとえーっと

じゃ…じゃあ…最初なので自己紹介をしたらいいかなぁ?
そんなのプロフィール見れば分かるじゃんかって?

ごめんなさい汗

「頭痛い子」なんですしょぼん

付け加えると…ドエロなので基本

「お馬鹿さん」です。


あと音楽が好きで…
「ヘタレ作・編曲・マニピュレーター」だったり
   ↑
ここ大変重要!!


でもね…まだCDはだしてないの。
…というよりも、そんなに宣伝活動していなかったの。

だから、ここ最近になってようやく…「ニコニコ動画」に作品を投下してみているけど…
あたいの曲は今時流行らない曲みたいだから、全然ダメなのよね。
まぁ、初音ミクに歌わせてみているわけだけど、初音ミクの絵がないとさっぱりダメなのよね。

あたいはもともと初音ミク目的で買った訳じゃなく、Vocaloid2そのものの魅力で飛びついて…まだ声がどんなのかとかデモソングも全くないときに予約したの。
歌ってくれればそれで良いじゃん…曲のイメージさえ伝われば…だけで買ったからね。

まぁ映像をカラオケ風にしていたからカラオケPなんていう呼ばれ方もしているけど…それも終わったし…

気になる人は覗いてください。
http://www.nicovideo.jp/mylist/1925335/2549670

作風は古いと言われようが何だろうが…あたいは若いのでそのあたり要注意ということで(苦笑)

もともとはJ-POPとか作る人じゃなくて、FUSION系が大好きで、そういうのばかり作っていたの。
それがあるきっかけで、J-POPを手がけるようになって…今に至るって感じです。
ただ、あたいは作詞は全然ダメなので、作詞家の方で一緒にやりたいなぁって人がいたら嬉しいかもラブラブ
あと歌ってみたいって人もいたら嬉しい音譜

まぁそんなあたいですが、仲良くしてちょ…
アメンバー募集中でし。
特に音楽関係者とか、タレント・アイドル・声優・芸能関係者は大歓迎(よくばりすぎかなはてなマーク

宜しくお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ音譜