Posted in くだらないことだけど

うひゃ~~~

みなさんお久しぶりです。

アメーバで日記書きますよwww

他人の押入れに住み着いていた女を逮捕 自宅点検必要
 福岡県警粕屋署は28日、同県志免町の一人暮らしの男性(57)宅に忍び込んだとして、……….≪続きを読む≫[アメーバニュース]

すごいなぁ…

でも…生活に困ったら、何でもやるよ…

私に限ってそんなことはないなんて言い張っている人ほどやるんだから…

経験者は語る(爆)

Posted in ブログ

アルバム作り…方向性ある程度決定。

まぁやっとこさというかなんというか…
ある程度の方向性が固まってきました。

当初…ミニアルバムに収録した曲を入れようかと思っていたのですが、入れない方向で決定。
これはまた次回(があるかは謎だけどw)、アルバムバージョンとしてリメイクしようかなぁという方向で…

収録曲数は16~17曲になる予定。
まぁあとは価格設定をどうするか?
ISRCを登録するか否かと?
委託販売はどこで行うか?
オフィシャルでの販売を行うか否か?
レーベル・ジャケットはどうするか?
JANコードを入れるか?

などといった部分。

正直なところ…売れないだろうと思っているためレーベル・ジャケットだけきちんと作ればいいかって感じなんだけど、一応売り物にするのだからちゃんとやっておこうかなぁと思ったり…。

そもそも…アルバム作りの動機として、何のために作るかなんて言うのはほぼ無いに等しかったから、最初は作るからにはちゃんとしたCDで…しかなかった。(CD-Rに焼くのではなくちゃんとプレスCDで…という意味。)
時が進むにつれ…何のためにアルバムを作るか?という部分が出てきたというのが正直なところ。
だから、中途半端なものじゃなく、正式に市場に出せるくらいの物を作ろう…という気にはなっているのだ。
しかしながら、初めての試みでもあるし…正直どこまでやればいいのか?がネック。

アルバムの為に書き下ろす曲は2曲の予定。(当初3曲だったが既に限定公開しているため実質2曲となる。)
まぁ…どっちみち出すとしても、秋頃の予定な為余裕がある感じ。
その間にもうちょっと曲の見直しも出来るかもしれない。

当初のコンセプトとしては、時とともに制作方法が変わってきているというのを耳で実感してもらおう…という感じだったのだけど、まぁもちろんそれを全く捨てた訳じゃないけど…+α訴えるものを付けた感じ。
それはアルバムが出来てからのお楽しみって感じで…少しじらしておきますwww

しかし…ちゃんとした物を作ろうと思えば思うほど…あーしたいこうしたいがいっぱい出てきて…
まとめるのが難しいですね。
みんなすごいなぁって感心してしまう…

Posted in ブログ 写真

まとめてどっさり…

えっと…
今年のゴールデンウィークは珍しく家でダラダラはなく…

カメラを買わなかったら…こんな事はなかったのだろうな…。

自然と向き合っている時間がとても楽しい…
そこに今まで見えなかったものが見えたり…
感じ取れなかったものを感じ取ったり…

そこにある表情を1つ1つ写真に納めていく…

昔はフィルムだったから、何百枚も取るなんてことは考えられなかったんだけど…
デジカメってそういうことを気にする必要がないから…気がついたらいっぱい取っていて…
気がついたらバッテリー切れで…なんて事もあって、バッテリーをもう一つ追加して、車の中で充電できるようにもしちゃった。

今まで外に出る事なんてほとんどなかった。
特にこの1年近くは…一歩も外に出ていないっていっても過言じゃない状態。

とにかく…いろんな所にカメラを向ける。
その時その時の表情を…写真に残していく。

草木や花と対話している時間が楽しい…。
こんなに楽しかったっけ?

いままで感じたことのなかった世界がそこにあって…
普段当たり前のように感じることなのかもしれないけど…それがとても自然で…
暖かくて…

時折、牙をむく時もあるけど…でもそれがまた新しい発見につながって…

携帯電話と同じくらい常にカメラを持ち歩くようにして…
ちょっとした散歩もするようになった。

そしたら…発見したの


分かるかなぁ?
中央のクローバー…四つ葉なんだよ。
よく四つ葉のクローバーは幸せを運ぶって言うけど…どうなんだろうね?
でもなんか見つけられただけでも幸せ。

些細なことだけど…カメラを手に入れてから…何もかもが新鮮。
そして、その時間だけ嫌なことを全部忘れられる。

でも…私一人なのがちょっと残念…。

まだ全部じゃないけど…撮った写真は殆ど素材として
http://photo.nsmpx.com/

にアップしています。
既に七百枚近くになっていて…910万画素のまま載せているから、このままの勢いだとあっという間に今のサーバーパンクさせちゃうかもw
でも使ってくれる人がいると嬉しいな。
そのうちこれは良く取れたって思うものは有料提供していこうかなぁ?なんて企んでいるけど…
今はまだ下手だからフリーで提供中。
ぶれすぎているのはアップしていないけど、ピントの位置が違う物から何から全部載せているですよ。
だって…良いって思うものは人それぞれ違うところもあったりするしね。

今はカメラが私のパートナー…自然が私の恋人。
明日もまた…恋人に会いに行くんだ…パートナーと一緒に…

Posted in ブログ

静かなるドン

日テレ+(CS)でドラマ版の「静かなるドン」の再放送が昨日終わりました。

ヤクザ物なのですが、どういう訳かこういうのが大好きなんですよ。
昼は三枚目、夜は三代目…
確か番組のキャッチフレーズはそんな感じでした。

昼間は下着メーカー「プリティー」の落ちこぼれ社員…しかし彼には人に言えないもう一つの顔がある。
それは総勢一万人、関東最大の勢力を誇る新撰組三代目総長、人呼んで静かなるドン。

原作は60巻まで読んでいまして…その後どうなったか久々に気になりました。
古本屋で探してみようかなぁ?

ドラマ版のキャストはなかなか良かったですよね。
特に静也役の中山秀征さんは良いキャストだったと思います。
意外だったのは鳴門役に鹿賀丈史さんというところですかねぇ?
でもこれも話が進むにつれなかなか良い感じで合っているなぁって思えちゃうところがおもしろいw
猪首役には阿藤快さんというのも結構合っていたり…
一番似合っていたのは生倉役になぎら健壱さんだなぁ…
うんうんこんな感じってぴったりイメージでwww
しかし、ドラマ版は秋野さんがパリに飛び立つところまでなんですねぇ…。
ここからがおもしろいのに…。

実は極道の世界に私は無縁じゃない時期があったんです。今は無縁ですけどね。
切った張ったの世界って自分には絶対無理なんだけど、昔仕事の関係でヤクザと懇意にしていたときは可愛がってもらっていたなぁ。
ヤクザの世界って道理が通っていないことは駄目なんですよ。
逆に言うと下手な民間企業よりもしっかりしていて、幹部連中は落ち着いていて、特に会長さんに気に入られちゃってね。
悪やっているのは下っ端の連中って感じかなぁ。
でもそんな下っ端の連中も私が会長に気に入られていることを知っている組員なんかはすごく礼儀正しくて、なんかこの世界って馬鹿に出来ないなぁって思っていました。

極道って読んで字のごとし、道を極めることなんですよね。
警察がなかなか太刀打ちできないのは筋が通っているところがあったりするからだったりするって聞いたことがあります。
また、組によってはシャブや麻薬の取引を認めない縄張りを張っていたりして、警察はそれを理由に組に踏み入らないとか…そういう部分もあるそうです。

私はたまたま可愛がってもらえたからかもしれないけど、この世界…悪くないなって思っています。
まぁ…私には筋を通すとかそういうのは苦手なんだけど…
極道の世界ってただ単に切った張ったの世界ではないことを理解して欲しいかなぁって感じです。
静かなるドンのように、こういった平和を望む組も中にはあるってことです。

いま80巻近くまで出ているらしいから、あれからだいぶ話が進んで入るんだなぁ…
秋野さんとどうなるのかなぁ?

自分にドンのような器量があったら…
私はなくしたくない物をなくさずにすんだのかもなぁ…

久々にドラマ版を見ながらそう思ったのでした。

Posted in ブログ 写真

今年はゴールデンウィークらしく…

毎年、ゴールデンウィークってどこにも行かず、部屋に籠もりっぱなしなのですが…
今年はカメラを購入したこともあって出かける気満々な私。
普段外にも出ない私がこんなに出かけるのも珍しい話である。

…で、今日はどこに行こうかと昨日から色々なところを見ていたのだがその中でピンと来てよっしゃー行ってみるかぁと、昨日整備されて戻ってきた車を走らせ旅に出たのである。
出かけるときには既に曇っていて…こりゃあ天気はどうかなぁ?なんて思ってはいたのだけど、途中雨が降ったところもあったけど目的地方面は青空も見えていたので何とかなるでしょうと、ずんずん進んでゆく…

その行く先とは?


関東圏では小学校の修学旅行でお馴染み、日光である。

ここに付くまでの間は雨が降りそうな天気ということもあってか渋滞もせずスイスイ来れたのだけど、やはりGW…観光名所である日光が混雑していないはずがありません。
ここで思いっきり渋滞にはまってしまいました(しょぼ)
天気の方は、雲は厚いけど青空も見えていたので、目的地も何とかなるだろうと思っていたのですが、山の上にあるため天気が崩れる可能性は大あり…
約1時間程渋滞に捕まり(日光東照宮に行く車が多かったらしく大混雑していた。)やっといろは坂の入り口に付く頃には既に天気が怪しく…いろは坂を上っていくとやがて雨がぱらぱらと降ってきたのです。

「やっぱりかぁ…」とは思いましたが、まぁそれでも絶対見たいのだ!っという目的の場所だったのです。

 

その場所とは…

日本の滝100選の中でも高さ日本一の名滝
華厳の滝

一応小学校の修学旅行で行ったには行ったのですが、水不足のためにダムがせき止められてしまい…
「華厳の滝」ならぬ「華厳の崖」しか見ていないのである。

そういうこともあって…どんだけの迫力があるのだ?というのが正直なところで…
せっかくの修学旅行…その記憶で一番残っているのは「華厳の崖」なのである。
よって…いくら写真で見ても実感はわかず…
私の中で迫力のある物で言えば人工建造物ではあるが黒部ダムの放水が一番なのである。
もしまた「華厳の崖」だったらどうしよう?とは思ったが、第一目的は「華厳の滝」なので、とりあえず雨は小降りだったので行ってみることにした。

駐車場に車を止め、恐る恐る華厳の滝の方向へと歩き出す。
すると…聞こえて来るではないか…
「これは…水が流れる音が聞こえる!」

そう、そこにあったのは、


雨なんかもう関係ない…
そこにあったのはまさしく華厳の滝である!
そう、こうでなくては!って思うくらい素晴らしい迫力。
黒部ダムとは違い、やはり自然の力は迫力が違う。
大人になってから見ても、これだけ感動出来たのだ…。小学生の時にこれを見られていたらもっともっと大きく見えて、もっともっと感動していたかもしれない。
雨でも来て良かった。本当に良かった。

そして、岩盤を掘って作られたエレベーターを降りれば(有料…往復530円)ほぼ真正面から滝を眺めることが出来るのである。
しかし、下に降りたときは雨がさらにひどくなっていて、じっくり撮影は出来なかったのだけど…


レンズに水滴が付きながらも何とか華厳の滝の全貌をとらえることが出来たのです。
とてもとっても感動!
天気は悪かったけど…こういう風景もそれなりに味があるのではないでしょうか?
雨にもかかわらず、私と同じように写真撮影をする人はたくさんいました。
1眼レフカメラの人は、後々の手入れが大変そうだなぁと思いながら見ておりました。
まぁそんな私もレンズに傷が付かないよう…丁寧にレンズの水滴を拭き取り…
修学旅行では回っていない所に足を運んでみることにしました。

華厳の滝の水はどこから来ているのかというと、このすぐ近くにある中禅寺湖から来ているのです。
この湖は結構大きくて、ついでにどこか良い風景でも撮れたらなぁと車を走らせていると、晴れてきたのです。


マス釣りををしている人がいたりして、もやの立ちこめる風情ある景色を眺める…。
徐々に雲が晴れていき…日が差し込んでくると、足下からもやが立ちこめる。
その風景もまた情緒があって良い。


ここの湖は大変綺麗で…これはかなり上の方から10倍ズームで撮っているのだけど、砂粒から石の苔まで写真でとらえることが出来るくらい…。
フライフィッシングをしている人が何か魚つれないかなぁってしばらく見ていたのだけど、そう易々と釣れはしない…。
ひょっとしたらお魚さんから丸見えなのかもw

だんだん辺り一面明るくなり、青空も広がっていく。この様子だとひょっとしたら華厳の滝の方も晴れるかもしれない…。
もう少し時間をつぶしてもう一度行ってみようかと考え…とりあえず時間つぶしに中禅寺湖を望むことが出来る展望台へと足を運んでみることに…
上って行くにつれどんどん中禅寺湖の全貌が見えそうになってきて、わくわくしていたのもつかの間。
やがて濃霧に突入してしまい、展望台は…


何も見えないくらいの超濃霧…。
しょうがないと戻っていき…そろそろ華厳の滝の方も雨がやむかなぁと足を運んで見るも…雨は全然やまず、山の天気は変わりやすく分からないものです…。
まぁ、今回来て分かったことに思ったほど遠い所でもなかったので、また違う季節に足を運んで…そうだなぁ秋とか冬くらいがまた見頃かなぁ?
そんなことを思いながら、第1いろは坂を下ることにしました。


ご存じだとは思いますが、いろは坂にはカーブの一つ一つに言葉がふられています。
「いろはにほへと
ちりぬるを
わかよたれそ
つねならむ
うゐのおくやまけふこえて
あさきゆめみしゑひもせす ん」

この看板をばしばし撮っていこうかと思っていたのですが、登りは18個目くらいで初めて看板に気がつき…
下りは登りよりヘアピンのカーブがきつく…また勾配もきついため看板どころではありませんでした…。
このヘアピンカーブを曲がりながら、頭文字Dの藤原拓海ならあり得ない角度とあり得ないスピードでキーキー言わせながら走っていくのだろうなぁと運転しておりました。(ここでのドリフトは危険です…自殺行為に近いので絶対やめて下さい。)

しばらくヘアピンを降りると、途中少し緩やかになりちょっとした剣が峰という小さな小さな休憩所のようなところがあります。3台くらいしか止められるスペースはありませんが、ここでカメラを向けている人を見かけたので何かあるのかなぁと立ち寄ってみました。
すると…



方等の滝(上)と般若の滝(下)を望むことが出来るのです。
山桜が良い感じのピンク色を醸し出していました。

日光東照宮にも行こうかなぁと思ったのですが…天気も悪いし…あきらめるかぁと戻っていくと…
東武日光駅まで戻った時点で晴れているし(かなし)
しかし、上っていく車が結構並んでいたので、また機会があれば行くことにしたいと思います。

華厳の滝の雨がまるで嘘のように…晴れているので、帰り足でほかに見所があればいいかなぁと車を進めていると、川沿いに公園を見つけました。
そこには、雨で潤った綺麗なチューリップの花が咲いていました。


このあたりはきっと涼しいのでしょうね。
まだ生き生きとしたチューリップがいっぱいありました。
そして、この近くには園芸店があるのですが、ここに置いてある花が見事で、お店の人に許可をもらって撮影させてもらいました。

バラの花がとっても綺麗です。
思わず買って帰りたくなりましたが、プレゼントする相手もいないのでやめましたorz

なかなか気がつかないようなところにフラワーアレンジが飾ってあったり…


しばらく、その花々をたくさん撮影していました。

行くときも思いましたが、帰り道でもこのあたりは開けていてどこをとっても絵になりそうだなぁと思いながら運転し…別に急いでいるわけではなかったので、止められるところがあったら車を止めては何でもない風景を撮影しました。

そんな帰り道…矢板の所で「ツツジの郷 矢板」なんて旗がいっぱい出ていて、そんなにツツジがすごいのかなぁと思っていたときにすごいツツジが咲いている公園を見かけてしまい思わず立ち寄ってしまいました。
栃木県矢板市にある矢板長峰公園。矢板市制施行50周年を記念して5月10日まで花祭りをしているようです。
ここのツツジはライトアップもされるようでかなり綺麗です。


まだつぼみの物もありましたから、後1週間後くらいが満開の見頃かもしれませんねぇ。

ここの階段をずんずん上っていくと、上の方に展望台がありまして、


上から眺めるツツジもまた風情がありました。

そういえば全然自分を撮影していなかったので…撮影してみました。


通りがかりの人にお願いしたのですが…なんか私、まるでヤーさんみたいな格好ですねw
後々自分の写真を見て、頼まれた人は恐くなかったのかなぁ?なんて思っちゃいました。

こうして本日1日は終了。

Posted in ブログ

05月01日のココロ日記(BlogPet)

亜のどこかに、かにがたくさん住んでいるってホントですか?
*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

Posted in 人に言える立場じゃないけど

暫定税率…ちょっと待ったぁ!

いやぁ…すぐには上がらないという情報も飛び交っていたのですが、何のことはない…
上がっちゃいました…
安いスタンドで157円だった。(レギュラーが!)

昨日はスタンドは長蛇の列だったのでしょうか?
(少なくともそんな風には見えなかったけど…)

今回は民主・社民に1票ですね。

ってかねじれすぎ…国会。
海外から見ればとか言う記事があったりしてそれは納得できる部分もあるが、しかし戻すなら戻すでもうちょっと考えて戻せ!
値下がりするときは確かに今回はどーんと落ちたけど…それでも徐々に下がる部分もあったりしていたし…。
上がるときは一気にどーんとかよ!
国民の反発をどう国に示すか?
ってか…なんかの番組で誰かが言っていたなぁ。このときこそ国民全体でデモをすべきであると。
まぁこれでゴールデンウィークはお釈迦になった人もいそうな気がする…。
はぁ…満タンに入れて1500円近く違うのは痛いよなぁ…。
それだけあったら外食しても良いのが食えるもんなぁ。
夢の1ヶ月で終了か…
何なんだかねぇ。

Posted in 写真

今日は暑くなりすぎて…

私が外に出かけるなんて事は滅多にないのだけど(最近物を買うにしてもネットで注文することが多くなり、それこそ外に出かけない。)、綺麗な写真が撮れることがやはり嬉しくて、このGWは景色の綺麗なところを転々と回って風景をどんどん写真に納めようかなぁという…。
まぁカメラを買わなかったら退屈なGWになっていたのだけど、こういうきっかけはとてもありがたい物がある。

元々写真を撮ったりするのはとても大好きで、でもカメラっ子というわけではなかったんですよね。
私が撮る写真って何でもない写真が多いのです。
もちろん綺麗って思った物は写真に納めるのですが、普通の人が撮りそうにない山の風景とか…
いくら10倍ズームが付いているとはいえ、山の上に残っている残雪の風景を撮ったりするにはちょっと無理なんだけど、それでも撮影してみたり…。まぁ山肌を撮るにはもうちょっと先かなぁ…。
夏くらいになると青々としていてまた違った風景を見せてくれるかもしれないかなぁって思ったり。

育ったのは都会だったけど、生まれたときは田舎の自然に囲まれたところだったからかなぁ?
海も好きだけど、山の景色は移りゆく季節で色々な表情を見せてくれて好きなのです。

そんなわけで、今日もカメラを持ってお出かけしたわけです。
本当は色々な植物を扱っている植物園や、昨日行ったところのように動物がいるふれあい牧場のようなところとか行きたかったのですが、まだブレーキを直していないため(明日部品が入れば明日修理)、あまり遠出も出来ないので近くのハーブガーデンと公園に行ってきました。

リカステ

ハーブガーデンはそんなに大きな所ではないため、もうちょっと色々な物が置いてあればなぁって感じだったけど、それなりに楽しめたって感じでした。ただ、ここはそのまま売り物になっているため、値札が写りそうであまり良いアングルで撮れなかったり、肥料の土袋が写りそうでいやだったりで撮りたい写真があまり撮影できなかったなぁ。
唯一変わり種の花はこのリカステくらいだったなぁ。
でも、やはりきちんと手の行き届いているところで育っているのでやはり見栄えは綺麗ですね。
コデマリ

なかなかコデマリもこんなに綺麗なのは自然には見かけない物です。

その後、昨日夜通りがかったときに、綺麗に咲いているのを見かけた近くの公園へと足を運んでみたのですが…

チューリップ

今日は27℃近くまで気温が上がったこともあり、一気にチューリップがくたびれてしまったそうです。
公園に来ていた人も「昨日までは綺麗だったのに残念ですねぇ。」なんて言っていました。

そして、この公園の池には

カルガモ

2匹の鴨さんがいるのです。1匹(写真右の方)は背中がかゆいのか、かなりじたばたしていました。
ネギはしょっていなかったのですが、ほかの鴨は鍋にされちゃったのかそれとも元々2匹しかいないのかは謎ですが…。
それにしても何で「鴨がねぎをしょってきた」とか言うんでしょうかねぇ?
誰か知っている人がいたら教えて下さい。

モミジ(カエデ)

少し赤くなりかけている紅葉を見つけました。
梅雨時期くらいには赤くなっているかもしれませんね。

今日撮った写真も元の画質のまますべてアップしてありますので、是非見に来て下さい。
フリー素材になっていますから、気に入った物があればどうぞお持ち帰り下さい。
(ブログに使用している写真の転載はやめて下さいね。そのためにロゴを入れてありますのでw)
http://photo.nsmpx.com/