Posted in くだらないことだけど

教えて下さい。

楽に逝く方法…

Posted in パソコン講座 ブログ 機材紹介

ニューマシン?

ニューマシン?

『Designed for Windows XP / Windows Vista Capable』のシールも堂々と、そして『Core2Quad』『GRAPHICS BY nVIDIA』のシールまで付いている。
これはニューマシン?

いえいえ…違います。
結局PCケースを交換しました。
そのきっかけとなったのは電源容量です。
パソコンショップでは問題ないと言われたのですが、ずっとパソコンの電源容量が足らないのではないか?と心配していまして、なにか調べる手段は無いかと捜していたら…

皮算用計算機
http://www.cost-simulator.com/eco/eco3_naka.html

というものがあって、自分の持っている電源で計算してみたところ、確かに全体的なワット数の上では問題ないのですが、個別に見てみると12V電源はCPU用とCPU意外のデバイス(マザーボード・HDD・ODD・GPU等)用と2つに分かれていて、この部分で見ると「12V1」(CPU意外のデバイス(マザーボード・HDD・ODD・GPU等))が100%を超えてしまっているのです。

電源を大きくして対応するのも一つの方法ですが、色々検討した結果電源を2つ搭載するという方法が手っ取り早いかもしれないという結論に至りました。
今後、HDDも増えていくであろうしデバイスも増えていくだろうし…
それを考えると今のPCケースでは限界に近く…
HDDに関してはリムーバブルシステムを作っていたのですが、これはPATA(IDE)-HDD対応で現在のSATA-HDD対応ではなく、その為のシステムを作るよりは中に内蔵できてしまった方が何かと便利。将来RAIDを組むことも楽に出来ますしね。
今のPCケースでは2電源搭載はむりなので、早速2電源搭載可能なケースを捜しました。
…で見つけたのが

「SCYTHE INNOVATOR」
http://www.scythe.co.jp/case/innovator.html

いよいよフルタワーに変身です。

全貌
全貌

扉を開けたところ
扉を開けたところ

でかいのは分かっていた事ですが、いやぁホント大きいわ…。
19インチのモニターが小さく見えるもんなぁ…。
でも大きさの割にはシャドウベイは6つあるのですがあまり余裕がないって感じで…
今は内蔵HDDは3台だけなので(他はリムーバブル)、スペース開けて設置しているけど…全部入れたらエアフローできるのか心配だなぁ。

電源は現在の550Wに加え360Wの電源をプラスしました。
2電源になるのは良い事なのですが、このケースの注意すべき点は2つめの電源は上からも下からもエアフロー出来ないので、その点を注意して電源ユニットを捜さなければなりません。
その結果12V1に20Aを割り当てている

「abee ZUMAX ZU-360B」
http://www.abee.co.jp/Product/PSU/ZUMAX/ZU-360B/index.html

この電源だと、上や下に余裕が無くても大丈夫って訳です。
自作パソコンを作り始めた頃なんて何も考えずに作っていたけど、色々な事が分かってくると作り方そのものが変わってくる物ですねぇ。

今回のケースに変えてから、フロントファンとサイドファンが追加された事もあり、全体的に温度が下がりました。

CPU 46℃→31℃
M/B 50℃→40℃
HDD 50℃→30℃
GPU 未計測→53℃

尚、このケースに付いてくるファンは1つだけ(背面)で、しかも4ピンペリフェラル(回転数を検知するセンサーがない)なので勝手が悪いのでこのファンをサイドに回し、これまで使っていたファンをフロントと背面に付けました。
そのうち、このファンも変えるかもしれない…。
しかし、今はスカスカだけど、これが埋まってしまう日がそのうち来るのかと思うと…

これで、とうとうHDD以外すべてのパーツが交換されたことになりました。
今考えてみれば、オークションとかに出さずに全部残していたらサブマシン作れたんだなぁと…少々後悔です。