Posted in ガジェット

iPad miniを手に入れる

今回ほど悩んだ事はない。
iPad miniは私が待ち望んだ製品。
その大きな理由はiPadはでかすぎるということなのだが、周りで使っている姿を見るといいなぁと思う部分が遭ったのも事実。
よって、今回iPad Retinaモデルとの同時発表と言う事もあり、iPadは初めて手を出すと言う事もあり、果たしてminiで満足するのだろうか?という思いもあったが、自分の用途・大きさ・携帯性(軽さ)を考えればやはりminiを選択となるのかな?と言う思いではあったが…
問題となったのは料金プランであった。
ギリギリまで発表されず、それまで皮算用もあまり出来ない状態…
とは言え、私の構想の中で一つあったのはAndroidからの決別であった。
一般人としては数多くのAndroid端末を使用してきた。
・docomo Galaxy Tab SC-01C
・au HTC EVO WiMAX ISW11HT
・au Arrows Z ISW11F
・au Galaxy S2 WiMAX ISW11SC
・au HTC J ISW13HT
持ち始めた時は良いのだが、だんだん使えなくなってくる。
当然iPhoneを持っているからiPhone基準となってしまう。
だが、それでもAndroidを使っていたのはテザリングが出来るから…という一言につきる。
だったらなぜiPhone5に行かなかったのか?
それはiPhone4Sから性能的に代わり映えがしないということと、iPad miniの噂が先行していた事もある。
とは言え、テザリングが出来るようになったというのはちょっとした魅力であった。
よってiPad miniが正式発表になった時、「これでテザリングが出来れば最高なのだが…」と言う思いがあった。
AndroidはGalaxy S2 WiMAXもHTC JもWiMAXが不安定になっていたし、テザリングも不安定になっていた。Arrows Zで散々な思いをしたこともあって、交換した所で改善するとも思えなかった。
とは言っても、ギリギリまで詳細が発表されず、テザリング出来るかどうかも不安な状態であった。
それに、料金が見合うかどうかというのも問題であった。
よってギリギリに発表された料金プランを見てとりあえず11/30に予約だけは済ませ、店頭で料金プランの詳細を聞いたとき、頭の悪い皮算用では「今回は見送りキャンセル濃厚かな?」という思いだった。
だが、それを打ち崩したのが知り合いの持つ、EMobile GL04Pだ。
LTE回線の実力を目の当たりにした途端、私は再度、皮算用ではなく、正確に計算し直す事にした。
その結果、これなら行ける!という結論に至り、契約に至ったわけだ。
完全にAndroidとは決別を決心した。通信制限のないWiMAXは魅力だったが、使えないのでは意味がないのである。
それに、Galaxy S2 WiMAXもHTC JもWIN HIGH SPEED(下り最大9.2Mbps)には非対応である。だったらISフラットは要らない!という結論である。
当然スマートフォン割は効かない。それでもいいのである。Androidが完全に使えなくなるわけではない。どうしても使いたくなったらば今度はiPad miniからテザリングして使えば良いのである。
というわけで12/6、入荷連絡を受け取り正式に契約して参りました。

Dual's Sat4のぶらっと音楽-iPad mini

さすがにiPad Retinaモデルと比べてしまうと画質の上では負けてしまいます。
特にiPhoneのアプリを比較した場合は歴然です。
しかしながら思ったのですが、iPhone4/4Sの解像度って960×640なのだから、それをそのまま画面に表示できれば良いのに、Retinaじゃないからって480×320の画面を2倍にしなくても…
RetinaモデルだとRetinaの解像度ってそりゃないよって思いました。
ここはちょっと悔しいけど、それだけの事であってあとは大きさにも軽さにも非常に満足!
でもひとつだけ手に入れてから気が付いた事がありました。
iPad Retina / iPad mini / iPhone5のテザリングはBluetoothでも繋がるのですが(1台のみだがWi-Fiで繋ぐよりも早いらしい…)iPhoneへBluetoothで繋ぐ事は出来ないんですよ…
最初はうちのiPhone4S壊れているわ!っておもったらどうやらiPhoneだけの仕様のようです。iPadシリーズ、iPod touchシリーズはBluetoothで繋がります。
これで仕事に活かせるツールが出来ました!