Posted in ブログ

最近思う事…

人間とは過ちを犯す生き物だ。
十人十色という言葉もある。
時代とともに正しい事も間違っている事も変わる。
当たり前の事が当たり前ではない時代もある
人間は完璧ではないからこそ、完璧であろうとする。
しかし、何が完璧なのか?その答えは様々だ。
そう、答えは必ずしも1つではない。

どんなに良薬と言われている薬であっても使い方を誤れば毒薬になり、毒薬と言われている物も使い方次第で良薬にもなる。
「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」という言葉は有名だがこれは
「人間は等しく平等」と謝った捉え方をされているが、実際には違う。

嘘を付くのはよくない事だ。
だが、「嘘も方便」という言葉がある。

物事の本質というのは実に様変わりする物なのだ。
つまるところ、何を信じれば良いのか?
自分が正しいと思う道を進むしかない。
信念を貫くというのは、実に難しい世界なのである。

Posted in ブログ

NetBookメンテナンス

4年前にdocomo L-05A契約者割引特典で購入したFujitsu FMV BIBLO LOOX M/E10
Windows7 StartプリインストールのIntel Atom N280 1.66GHz RAM 2GB HDD256GBという、当時としてはそこそこのNetBookでした。
FMVBLME10
5年くらい前からDATAカード等とセット販売で100円で売られ始め注目を集めたNetBookですが、仕事でも実用的に使えるかな?と思って前の2台(SSDタイプ、この頃は容量が少なすぎてビジネスには向かず)の反省からHDDタイプを選んだわけですが、今となってはスマホやタブレットの方が早くて便利だったりするという…
とは言え、スマホやタブレットで出来ない事もあるわけで、今はこのNetBookでメールの振り分けをお任せしているわけです。
長い事ほったらかしでしたので、メンテナンスする事にしました。

誇りとか溜まっているかと思ったら思ったより綺麗でした。問題だったのはむしろHDDのほうで、まぁ約4年間メンテナンスしていませんからフラグメントだらけですしシステムもだいぶ重たくなっていましたので最適化するわけですが、ディスククリーンアップしてみるとサービスパックの残骸が2GB近くあったりとそりゃもう酷い。HDDの最適化に結構かかった。
HDDをSSDに変えてもこのNetBookは動画を見るにしても処理落ちですし、ホームページを見るにしても1024×600のディスプレーでは今となっては小さいですし…でもメールの振り分けくらいなら十分に仕事してくれるので家では今でも現役です。
でもメールの振り分けを24時間やってくれるアプリやサービスが出たらこのNetBookの役目はもうなくなってしまうのだろうなぁ。

Posted in ガジェット ブログ

ラウンド加工は角が弱い!

強化ガラスフィルムとして名高いGLAStR。これの前にColorant USG ITGを2枚使っていまして1枚はiPhone5からiPhone5Sに張り替えようとして割れてしまいました。その後に買った物はラウンド加工してある物でしたが1日も持たずあっという間に角がかけた後ひび割れてしまいました。
そこでこのGLAStRを購入となったわけですが…
GLAStR SLIM
ナノスリムとか出ているのですが、ちょっと値が張るので厚みが0.4mmなこちらを選んだのです。ラウンド加工もされているのでiPhone5Sのボタンが押しにくいという事もありません。
さすがに0.4mmもあれば簡単にはと思ったのですが…
IMG_0091
2ヶ月でこの通り…欠けております。
どうやらラウンド加工は角が薄くなる分弱いみたいです。

というわけで、今回はこれまでの経験を踏まえ、ラウンド加工されていない物で薄いもの!
…で当然薄くなると高くなるわけですが、もうこれまでに3枚も短期間で割れているわけです。1万円以上も飛んでいったわけですよ。というわけで消耗品になるわけなのでこの際価格は安い物を探していたら出てきましたよ!
GLASS-M安くて定評のあるGLASS-M!しかも厚みはなんと0.15mm!硬度9Hですよ!
しかも、この製品なんと保証書付きである。
IMG_0485
発送日から35日間なので、まぁ約一ヶ月ですね。まぁどんな保証なのかが今一よくわからないのだけど…
とは言え、同じ0.15mmで注目されているREVOLUTION RG015が3980円なのに対しこちらは1980円!半額ですよ半額!
でも、ちゃんと強化ガラスですよ。ある程度の防汚性もあるし、タッチ間も遜色なし。なによりこの薄さはもはや張っている事を忘れるくらい。
とは言え、まだ届いてはったばかりなので強度とかはこれからという事になるけど、これくらいの価格だと割れてもそこまでショックじゃないかな?(ショックなのはショックだろうけど…)
IMG_0092
さて、どれくらい持ってくれるかな?
安かろう悪かろうなのか?それとも安くても対抗できるだけの物なのか?

それにしてもこの薄さ… かなり気に入ります。

Posted in ブログ

あけまして、更新!断念!

明けましておめでとうございます。
今年は少しBlogも充実させたいなと思ったり…

とこの記事を書く前にいきなりWordPressのアップデートが来ていたり…
早速更新しましたが、そろそろブログのデザイン変えたいなと思いつつ、未だ良いデザイン見つからず…
というか、このデザインはプラグイン古いけど使いやすかったりするのだ。
まぁじっくり睨めっこしておきますかね?

さて、ようやく本題。
2年程前からMacを導入したわけですが、半年くらい前からようやくメインプラットホームがWindowsからMacへと徐々に移り変わりつつあります。
とは言え、仕事柄Windowsは必須な為、当然Windows環境も一緒に使っているわけですが、このWindowsもVMware Fusionを使わなくなってきました。
完全にBootCampで起動させたほうがパフォーマンスいいし…というのもあるのですが、一番大きいのはライセンス上の問題です。
私が使っているWindowsはDSP版な為ライセンスが1つしか与えられていません。その為VMware Fusion上ではライセンス認証ができないのです。
正規版ですと、インストールは2台まで出来、ライセンスは1つですが、同時起動でなければ2つライセンスは与えられるのでBootCampとVMware Fusionでも使えるわけですが、追加ライセンスは高いですし、Mac上からWindowsを立ち上げられると便利な点は確かにあるのですが、BootCampで利用できさえすれば、仕事上においてそこまで困らないという結論に至ったということと、一番大きかったのはPages、Numbers、Keynoteがあれば基本Microsoft Officeが必要に迫られる事は私の仕事においてはほぼ皆無という事も判明した為、VMware Fusionは現在ほぼ用いていない。(2012年12月まではBootCamp&WMware Fusionでもライセンスがそれぞれに与えられていた為、そのときに環境を作ったMacBook Air上ではVMware Fusionを利用中。)

先月記事にしたUEFI環境下でのWindows8のインストールだが、これに関しては断念する事にした。WindowsのUEFIの扱いがかなり特殊という事が判明したという事と、Mac側のUEFIのバージョン問題で認識しない機器がある事が判明した為である。
特にMacBook Proにおいてはグラフィック環境が特殊でIntel HD GraphicsとNVIDIA GeForceの自動切り替えの為なのかUEFI環境でのインストールはドライバインストール後がうまく行かないようである。MacBook Air上での動作報告事例が挙がっているのはIntel HD Graphicsしか搭載していないからではないか?と睨んでいるのだがどちらにせよオーディオI/FがUFEI環境だと使えない。元々UEFI環境でのインストールはAppleがサポートしていないので素直にBootCampで使う事にした。確かに起動時間や終了時間はUEFI環境の方が早いが、BootCampでもそこまで遅いわけではないので時期が来るまで待つ事にしましょう。

ようやくUSB AudioI/Oとして持っているTASCAM US-660がMavericksにも対応した為、新曲制作はMacで行いたいなと思いつつも、Logic初めてなので操作に戸惑い中。慣れた環境って怖いね。やっぱりCUBASE導入した方が早いかなぁ?って最近思ったりしております。結局動画制作は慣れたWindowsで行っていますしね。とは言え一応Logicはわざわざ購入しているので何かしら使いたいとは思っていますが…
今年はもう少し音楽に力を入れられればと…

というわけで、今後もWindowsとMac共々、そしてiOS関連もいろいろ綴っていきますよ。
本年もよろしくお願い致します。