Posted in ガジェット ブログ 機材紹介

ジンバル!?

動画を撮影している時、歩いている動きだとか手振れとか出来る限り減らしたいですよね。
そんな時に役立つのがジンバルなのですが、ジンバルと聞いてあれねって思う方の大半が

これだと思うのですよ。
偶然見かけたSNSで知った情報でなんとDIME 2020年1月号で簡易スマホジンバルが特別付録だという話じゃないですか!
これは買うしかないっしょ!ってなわけで

Amazonでポチッとな!
予約して発売日当日に届くAmazon Primeは流石です。
早速雑誌を確認してみましょう。
ブレずに動画を撮れる本格派!と掲載されています。期待が高まりますねぇ。
今回の内容は超新星ガジェットなんて書いてあったりして内容も面白そうですがここはやはりジンバルに興味をそそられます。特別付録ありで特別価格の990円(税込)も魅力です。
いよいよその簡易スマホジンバルを拝みたいと思います。

こちらが特別付録の箱ですが、嫌な予感がします。
まず、箱が薄い。それに絵に書いてある内容が不安をさらに大きくします。
いや、大丈夫だ。ジンバルって書いてある。
コレさえあればブレずに撮れるって書いてあるではないか!
恐れることはない!
さあ拝むのだ!

え、えっと…じ、ジンバルですよねぇ…

いや、これはスタビライザーとも言い難いし、スタンドじゃないかなって思っちゃいますねぇ…
まぁ実は雑誌の写真を見た時からその予感はしていたので、やっぱりそうだよねって感じでした。まぁ普通に考えて990円の付録で手動式のスタビライザーも厳しいと思うのですよ。
ただ、990円の付録としては実用的なので、しっかり紹介します。

三脚部とスマホ固定器具のみにすればローアングルのスタンドに
全て利用すればアクティブな固定が可能になります
横から見るとその構造がわかりやすいかと思われるため撮影
スマホ固定のグリップはネジ穴が2箇所用意されているため用途に合わせてアングルを変えられる。
またこの穴はカメラの三脚と同じ規格なので他の機器と組み合わせると幅が広がりそうだ。
ちなみに対応幅は53mm〜80mmとなっている。
ビデオカメラ用の三脚と組み合わせた図タイムラプスとかに使えそう。
折角なのでタイムラプスを撮影して見ました。
耐荷重については特に掲載がなかったがFUJIFILM FinePix S4500を問題なく支えられた。
電池・SDカードがとも入った状態だとカタログ値は約543gとの事。

三脚閉じてグリップにして動画を撮影するとどうなのかは皆さん予測がつくと思いますのでやっておりませんが、自撮り棒よりはアングルを出しやすいのでは?って思ったりしています。
気になった方はお早めに書店、若しくはAmazonで 購入してくださいね。

撮影用に使ったのはiPhone 8 PlusとiPhone 11 Pro Max、そしてタイムラプスにはProCam 7ってアプリを使用しています。
気になった方は下の画像からどうぞ。