Apple Musicと私

iOS8.4の解禁によりいよいよApple Musicサービスがスタートした。
ここで私が声を大にして言いたい事は、これは単なる定額制の音楽配信サービスではないという事だ。
そうだ、作り手を受けてを繋ぐ為の機能も備えている。
もっとも、このサービスの根本は、全アーティストにとって聞いてもらえるチャンス、ファンとつながれるチャンスを与えてくれる場となった事をここに宣言しよう。

メジャーアーティストの曲の聞き放題サービスならAWAやLINE MUSICといったサービスだってある。Apple Musicの最大の魅力は何か?圧倒的な曲数と圧倒的マーケット力?いや、違う。それもあるかもしれないがアーティストとリスナーを繋ぐ新たなサービスを統合した事に意味があると私は詠んでいる。
私のような名もなきアーティストにとっては曲を購入してもらう事も大事だが、何よりもまず曲を聞いてもらえる機会を作る事のほうが難しいのだ。
これまで、Youtubeやニコニコ動画に投稿していても、それを聞いてもらうのはそれなりに宣伝も必要であったが、Apple Musicならばもちろん宣伝も必要ともなるが、聞いてもらえるチャンスは圧倒的に多くなるのではないか?と見込んでいる。
もっとも、リスナー側が、Apple Musicを利用するメリットを感じ取ってもらえないと意味がない事だが…その為の3ヶ月の無料期間を設けたというのがApple側の狙いではないか?と推測している。

だが、その為にはアーティスト側がApple Musicを理解する事が先決になる。
そういった意味では私も未だ模索段階である…が既にConnectを利用できる状況に持って行った。

これが成功するか否かは未知数ではあるが、これらが全て機能し始めた時、初めてApple Musicの真のサービスが始まると予測する。

音楽で人を繋ぐサービス。アーティストにとってこれほど有意義なサービスをただ遠くから見守っているのは勿体ない。

アーティストサイドとしてのApple Musicをこれから堪能していきたいと思っている。

私がiTunesから配信している楽曲は、既にApple Musicからも視聴可能だ。
この3ヶ月の無料期間中に聞いていただければ幸いだ。さらに気に入っていただければアーティストにとってこれほど喜ばしい事はないだろう。

Enjoy The Music / Sat4

Triangle / Dual’s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です