腕時計

更新が滞り中のBlogですが、需要があるかどうかもわかりませんが…

腕時計を新調したので久々に書こうかなと思いまして…私、結構腕時計にはこだわりがありまして、基本的に多機能時計、その中でもクロノグラフが好きなんですよね。

若かりし頃はデジタルが好きだったのですが、大人になるにつれてだんだんアナログの方が好きになりまして、写真は右から左へと歴代の私が現在所持している腕時計となります。

1番右がJ.HARRISON J.H-018で自動巻き、身につけていればほぼ止まる事は無いのですが、身につけていなければ手巻き時計同様止まってしまう為、大抵休みの日とかに身につけていないと止まっていました。ですが、電池不要なので巻きさえすればいつでも使えるという利点はありますので、今後も使い続けると思われます。ただ、クロノグラフっぽく見えますが実際には24時間計とカレンダーの組み合わせで、ストップウォッチ機能はない為クロノグラフではありません。

右から2番目がTOMMY HILFIGERですが、型式が裏蓋を見る限りTH.118.1.14.0946とは刻まれておりますが、ネットで検索しても同じものが見当たらないので正しいかは不明です。J.HARRISONを無くした(と思い込んでいた)為に購入したのですが、数ヶ月後に実は車の中にあったという落ちで、購入してから結構早い段階で無くしたと思われた為、妻にこれだったら良いよって購入してもらったもの。こちらもクロノグラフっぽく見えるだけで24時間計とカレンダーの組み合わせ。実はこの時計だけ唯一箱も説明書も無し。(その為半額で購入できたという経緯もある。)

左から2番目がSalvatore Marra SM9028SS 10TH ANNIVERSARY LIMITED EDITIONです。こちらはTOMMY HILFIGERの電池が切れてしまった為、今度こそ自分の納得のいく時計を買おうと選び抜いた超お気に入りでして、記念モデルという事で限定色シルバー×ピンクゴールド(のはずなのですが今でも普通に買えるみたいです。)という事もポイントで、こちらはちゃんとしたクロノグラフ。また、ローマ数字を用いているところもポイントで、本当に気に入っていたのですが、3ヶ月後にはクロノグラフの醍醐味であるストップウォッチ機能が死んでしまい、修理に出そうかと購入した店舗に相談したくても電話が繋がらず、気がつけば保証期間が切れてしまい、まぁそれでも良いかと思っていたら時計のガラス面にいつのまにか傷が入ってしまい、気がつけば電池切れで止まってしまったという結末。

…で、その後J.HARISSONを身に付けていたのですがやはり休みの日に止まってしまう為、電池を入れ替えるかってなるわけですが、傷も入ってストップウォッチも使えなくなっているお気に入りの時計を動かす気になれずTOMMY HILFIGERの電池交換をする事に…

ところが、このTOMMY HILFIGER、思わぬ所に弱点が見つかります。私は結構ポケットに物を入れて歩く人なんです。そのポケットに手を入れて物を出すときに竜頭が引っかかるようで、気がつくと時計が止まっているという事態が頻発する事に…この現象、他の時計では起こらないのです。写真ではわかりにくいと思いますが竜頭が簡単に引き出せないように他のはなっているのですがこのTOMMY HILFIGERはむき出しなんですよね。またこの竜頭の形状もあってかポケットから手を出すときに引っかかりやすいようで、こうなってくるとやはり新しい物を購入するかってなるわけです。

…でこれまでの経緯から電池切れの心配がすぐに起こらず、出来れば電波時計がいい。そうなるとソーラー電波なのか?Apple Watchも気になるが職場には着用して入れない。取り敢えずソーラー電波とクロノグラフは絶対条件だな。尚且つお気に入りの時計みたいなものがいいという条件を元に選び抜いたのが1番左の時計。

Salvatore Marra SM16110になります。決め手はローマ数字が全時間に刻まれており、また大きさもあって良い。シルバー×ピンクゴールドの組み合わせがあればそうしたかったのですが、意外とこのブラック×ピンクゴールドも悪くないなって思いましてこれになりました。

この圧倒的存在感、そしてさりげなく強調するピンクゴールドの輝き、文句なしです。これから使っていく中で文句は出るかもですが今のところ何も問題は無いです。手元にちょっとしたおしゃれを身に付ける。まさしくその言葉がピッタリな腕時計となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください