【パソコン講座】最近多い問い合わせ

Vistaユーザーからの問い合わせが非常に多くなってきました。
特にVistaからXPへダウングレードしたい…というものが多いのです。
よく「できる」と答える方が多いのですが、何を根拠に出来ると言っているのかが肝心なところで、絶対出来るという保証はありませんので注意が必要です。

【メーカー製パソコンの場合の注意点】
NEC FUJITSU SONY(vaio) SOTEC DELL等と言ったメーカー製パソコンの場合、その殆どがOSそのものがリカバリーという状態での提供となっています。
最近は昔のように「リカバリーディスク」という状態で提供されておらず、HDDにリカバリーイメージが記録されています。
昔はこのリカバリーイメージをCD-RやDVD-R等に焼くことが可能でしたが、Microsoftからの規制(バックアップは1世帯まで…HDDのリカバリーイメージ自体がバックアップと見なされるため)によりリカバリーディスクの作成が出来なくなりました。
よって、HDDが壊れてしまえばメーカーに修理に出すしかなく、その費用はかなりな物です。

この場合、XPをインストールした時点でリカバリー領域にアクセスできなくなり、最悪の場合、購入時の状態に戻すことが出来なくなります。(この場合、有償修理の対象となります。場合によっては「リカバリー起動CD」のような物が付いていて、そのCDを使うとアクセスできる場合もありますが、保証は出来ません。)

基本的に、メーカー製のパソコンはXPでの動作を保証していません。(但し、Windows Vista Ultimate若しくはBusinessにおいては、Microsoft自身がダウングレード権を与えていますので大抵ダウングレード用にドライバーを提供しており、ダウングレードは可能となっています。ですがダウングレード後は、ダウングレード元のOS(Vista)は使用できません。)
まず保証できない理由として次の物があげられます。

・メーカーがXP用のドライバーを提供していない
OS自体はインストールできても、マザーボードに付随するチップセットドライバー等がインストールできない為、最悪の場合キーボード・マウスすら操作できない状態になります。
よって、まずこれらのドライバーを捜さなければなりませんが、メーカー製のパソコンは独自のチップセットを使っている場合があり、同じチップセットドライバーを見つけられたとしても正常に動作する保証が出来ません。

・BIOSがXPに対応していない可能性
これは非常にまれですが、BIOS自身がメーカー独自設計の場合は起こりうる話ですので念のため注意です。

・製品そのものがXP仕様ではない
現在の所まだ少ないとは思いますが、Vista専用機器がマザーボードに付いていたり、若しくは一緒に付いてきたPCI,PCIeデバイス等がXPに対応していない可能性もあります。

よって…通常、サポートセンターに電話しても「メーカー動作保証対象外」とされてしまい、案内してもらえません。
全く出来ないとは言いませんが、それなりにリスクを伴うということを頭に置いて下さい。

【XPとのデュアルブートは組めるのか?】
メーカー製パソコンの場合は基本的に出来ません。
フリーソフトなどを使って無理矢理デュアルブートを組むことは可能だそうですが、動作保証が出来ないのでリスクを伴います。
またVistaのインストールディスクがあればブートセクタの再構築により組めるとの情報もありますが、これもリスクを伴います。
基本的にマルチブートを作成するには古い方から順番にOSをインストールするというのが基本です。

細かいことを出せばきりがないのですが、以上のようにある程度パソコンに対しての知識を持っている上でXPにダウングレードするのは問題ありませんが、まず自身がないのであれば技術者にゆだねて下さい。

私の所で行うことも可能ですが、それなりの諸費用は頂きます。
質問などあれば、こちらのblogのコメントを使用していただいても良いですし、オフィシャルホームページからContactしていただければ対応いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください