HDDにご用心

メインPCのHDDの中でもRAID0(ストライピング)構成である500GB×2のHDDのうち1台の状態が怪しくなり、マウントが不良を起こして一度データが全部吹っ飛んだ。
再構成したら難無くマウントは出来たのだけど、おかしくなるのも時間の問題なので(挙動も怪しかったし…)交換時期が来た模様。
コストパフォーマンスから言えば、3TBのHDDが10,000円ちょっとオーバーで購入出来るので、当初3TBのHDD2台でRAID 0を構成しようと企んでいた。
…がしかし、何かあってからでは遅いので念のためここはパソコンショップの店員のアドバイスを聞くべきかな?っと思い、ネットで購入せず、久々にドスパラへと足を運ぶ。
使っているデバイス&アプリの問題もあってメインPCではWindows XPをメインで使っているのだが、なんか2TBを超えるのHDDは認識しないらしい。しかもセクタサイズが4KBもどうやらXPでは問題らしく…
まぁそんなアドバイスもあって結局2TBでセクタサイズ4KBではないHDDを2台購入たわけだが…
こちらが組みたいのはRAID0構成であるが故、何も考えず合計4TBのRAID0 HDDを組んだら、まぁXPが認識しない訳で…(インストールの段階で既にアウトなのさ…)
…でこれがまた不思議なところで、正確な2TBというと2048GBなわけだが、この値も認識しない。
で、結局単純に2TBのHDD容量である1863GB(Windowsから見た容量)で切り分けて2つのRAID 0ドライブを作るとあっさり認識。
…とここまで来てある事に気が付く。ん?もしかしてRAID構成ならHDDの容量関係ないんじゃないの?
まぁ、すぐすぐこんな容量一杯にはならないので購入が必要になって実験する頃にはWindows XPなんてもう使わないかも何だけどね…orz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください