MacProの購入を考える…ついにMacユーザーになるか?

あたいは根っからのWin信者で、MacにできることはWindowsだって出来る!!と考えていたわけですが、やはりMacには昔からそれなりの魅力を感じていたわけです。しかし、Win機と比べると明らかにMacは高いわけです。
また、どうしても使い慣れたWindowsも使いたいというのがあり、手を出せずにいました。

Macについてはあまり調べたりしないので今頃になって、Macが正式にBootCampを入れてきたことを知り(ビリーズブートキャンプじゃないんですよ。)いよいよMacで正式にWindowsが動くこととなってきたわけで…
こうなってくるとMacは高いけどWindowsも一緒に使えると考えることが出来て、手を出しやすくなってきたわけです。

…で、今日はMacProを扱っているという某Y店へ行き、マックに詳しい人と対談して参りました。
気になっていたのはMacにWinデバイスを入れてWinでそのデバイスが認識できるのかどうかという部分。
実証はしていないが、理論的には問題がないはずだとのこと。

だったらMac行っちゃおうかなぁという気にはなるのだが、問題は、MacProはあまりにも手を出しにくい…ということ。
これはやはり皆さん言われるようで、今のところ中間クラスがない。
8コアは魅力なのだが、Core2Quad2基でもいいと思うところをXeon2基だから高いし…
iMacじゃ私から見れば単なるおもちゃだし…
なんか出てくれるとか言う話はないですかねぇと問いかけると…
「appleさんはぎりぎりまで公表しませんからねぇ…今のところそのようなお話はないですねぇ。」
とのこと。

うーんMacProだと自分が納得できるシステム構成にすると最低でも60万になるため…そうなると「Win機ハイエンドクラスが3台は買える」世界になるため、悩み物。
ただでさえ40万で痛いのに…
(ちなみに欲しいソフトなどを考えると軽く100万近くになる恐ろしい世界である。)

うーんこれはまだまだWin信者で行きなさいということなのか、それとももう少し待ってMacユーザーになるべきなのか…

実はMacに傾いている理由はそれなりにある。
それはWindows Vistaの魅力のなさからである。
私が思うに…Vistaの32bitは買うメリットがわからない。かといって64bitでは動かない物がいっぱい出てくる(まぁそれじゃなくても私からすればVista自体厄介者なのだが…)
その点…まぁMacもOSがバージョンアップするといろいろ問題発生することもあるけど(まぁこれは…Winと一緒ですねぇ…。)、私がここ最近Macに魅力を感じる部分としては昔からメモリー制限はないですよね。
そう…昔はあまりその点を気にすることはなかったのですが、ここ最近32bit Windows最大メモリを搭載するようになって、それで辛いことが出始めている中、64bitにするのは抵抗あるし…というさなかでWindowsも動いてしまうMacが選択肢にでてきてしまったというわけです。
それと、結構長いこと使えるよねって言う部分ですかね。
Win機だと自作持っていると何かしら毎年パーツ取り替えているしな…
なんかMacだとそういう心配は少なくてすみそうかなぁという勝手な想像…。
あとは、ホストアプリをCubaseにしてからMacも考えられるようになってきたところですかね。
とりあえずMacのホストアプリで使えるし…(でもMac持ったら昔からのあこがれであるDPは買うだろうな…多分。)

まぁどっちにしろ買えるだけのお金はないので…様子見はしつつ…Macに前向きな検討をしてもいい時期にはきたかなぁということで…

でも私はWin信者でいるべきかなぁとは思ったりしていますがwww

あとMacBook Airの実機見ましたよ。
なんという薄さなんですか!!
Webで写真見て薄いのはよくわかっていましたが、やっぱり実機を手に取ってみてその薄さに唖然とするばかりです。
「これハードディスクは何処?バッテリーは何処?」
の世界です。

あっでもねぇ…一つ問題あり。
バッテリー交換は自分では出来ないそうです。
これは難点ですねぇ。
バッテリー劣化して爆発したら…
あー考えないことにしましょうwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください