愛車 入院するorz

車検が近い事もあり、ブログを見に来て頂いている方はご存知だと思いますが車検に向けて着々と整備を進めておりました。
タイヤも交換し、ブレーキパッドも交換し、ファンベルトも交換。
そして、先日オイル交換を行ったときに、ドレインボルトが開かないというトラブルに見舞われ、「前回どこでオイル交換しましたか?」
と言われ…
考えてみると、それは横浜で行った事を思い出し…
昨日、相方がちょうど横浜に用事があるというので仕事を終えて横浜に…
で、横浜についてからが問題発生である。
水温計が上がる。
とりあえず前回オイル交換をしたところに着いたわけですが、どうやらドレインボルトのねじ山がなめていただけで簡単に開いたらしい…
とりあえずドレインボルトを新品に変え…
特に他は問題なさそうでしたので、帰路に向かうが水温計が上がる。
実はコンプレッサーが回らなくなった時にリレーが問題だったという事もあり、最初はリレーを疑ったのですが、どうやら違う。
原因はラジエターの水がなくなっていたからという事が分かり、ようやく安定したので帰れるだろうなぁとしばらく順調に運転できていたが、途中からエンジンルームから異音がしだす。
しかしながら場所的に止める場所がない。止められる場所まで持ってくれっと思いながら信号待ちをしていた矢先…
エンジン止まる。
セルは回るがエンジンかからない。
って私右車線にいるのですが?
とりあえずハザード!
とにかく後ろの車が動けるようにしないと!
ニュートラルに入れとりあえず車を前に押す。そして後ろの車を誘導。その後車を前に押して交差点を通り過ぎたところで一時待機。信号が赤になったところでハンドルを切りながら車を押して左車線へ、そして路肩までよせる。
ふう、これでとりあえず車は安全な位置まで移動できた。とは言っても後ろに迷惑がかかる場所である。
セルが回るのにエンジンがかからないという事はフューエルポンプか?
とりあえず車から降りるのは困難そうだったのでアクセル全開でセルを回す。
どうにかエンジンがかかったが、異音は相変わらずである。
取り合えず車は動く。せめて止めても迷惑ではない場所に移動しよう…とどうにか移動出来たところでやはりエンジン停止。
とりあえず止まった場所から少しのところに駐車場があったのでそこまではまた車を手押し。
さて…ボンネットを開いてみて見ると…
先日交換したばかりのファンベルトが、コンプレッサーと繋がっているベルトは外れてどっかに飛んでいっており、もう一方のオルタネーター側のベルトはどういうわけかベルトの位置がずれている。
はて…これはいったいどうした事か?
よく見るとベルトの溝も4本あるはずの物が2本しか無い!
ん…これはどう考えても家までは持たないわな…
相方は生理中ということもあって寝ていたのでとりあえず起こさずにいた訳だけど、自力で帰れないと分かるやさすがに起こさない訳にもいかず、起こして事情を伝える。
とにかく近くのスタンドを探す事に…
…で実はエンジンがかかった後にとっさに思いついて進んでいた方向は高速のインターの近くである。
そのおかげもあって、すぐ近くにスタンドを見つけ、幸いにもエネオスのMr.Driver。そうピットがあるのだ。
とはいえ土曜日で既に時間は22時を回っている事もあり作業は出来ず。
でもピットにあげてもらってさらに分かった事…
ベルトが完全に切れかかっている。
しかしながらベルトが切れるというのは何かしらの高い負荷がかかったという事になる為どうやらベルトだけでは済みそうにないにないようです。(でも交換したばかりなのにこれってどうなのよ?)
で、部品調達できるのもどっちみち月曜日…ということで…
あえなく入院となりました。
代車がちょうどなく、電車で帰宅。
しかし、仕事で車使っているのでさて対策が必要。
…でニコニコレンタカーにしましたとさ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください