エクインは参考になるのか?<解決編>

昨日の記事の続きとなります。
もう一度エクインの結果を見てほしいと思います。
エクイン

Sat4自作Desktop NEC VALUE STAR PC-VN770ES6R Macbook Air
(Mid 2011)
BootCamp
Macbook Air
(Mid 2011)
VMWare Fusion5
CPU Intel Core2 Quad 6600 2.4GHz
4コア/4スレッド
Intel Core i5 2410M 2.3GHz
2コア/4スレッド
Intel Core i7 1.8GHz
2コア/4スレッド
Intel Core i7 1.8GHz
2コア/2スレッド
RAM DDR2 800MHz 8GB
2GB×4
(Dual Channel)
DDR3 1333MHz 8GB
4GB×2
(Dual Channel)
DDR3 1333MHz 4GB DDR3 1333MHz 2GB
GPU Nvidia GeForce 260GTX Intel HD Graphics 3000 Intel HD Graphics 3000 Intel HD Graphics 3000
HDD RAID 0 HDD 2TB×2
7200rpm
HDD 2TB
5400rpm
Flash Memory 256GB
(50GB)
Flash Memory 256GB
(50GB)

疑問点が2つありましたが、解決しました。
腑に落ちなかったメモリの数値、HDDの数値ですが、HDDの数値については色々調べた結果、5.9という数字そのものがVista時代の最高指数だったこと、また7からSSDが標準となったことなどから5.9という数字は決して低くはなく、ただ逆にこの数値以上出すにはSSDじゃないと無理っぽいです。
そういわれるとMacBook Airの数値だけが高いのも納得がいきます。また、エクインはベンチマークテストとは違い快適度を示す値でもあるため、どうやらHDDに関して正確に測りたい場合はベンチマークテストしかないようです。
当然ベンチマーク上ではNECよりも自作PCの方が早くなります。

…で腑に落ちなかったメモリの数値ですが、これも私としたことが一カ所見落とししていました。
昨日の表にその見落とし部分を追記しました。
メモリは2枚組だと処理速度が速くなるDual Channelというのが存在致します。忘れていました。
よって、MacBook AirとNECは同じメモリを使っていても数値に違いが出るのは当たり前ということになります。

結論として、エクインはそれなりに参考になるということです。
ちなみに、ベンチマークテストもやりましたが、スクリーンショットを取りませんでした。
理由はMacBook Airが侮れない数値を叩き出したからということです。
どうやら自作PCはそろそろMainの座を維持できなくなったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください