Posted in ガジェット ブログ 機材紹介

MacBook Airの突然死→iMacを迎え入れる

MacBook Air (13-inch Mid 2011)が突然電源が入らなくなった。
もっとも最近あまりMacを起動させる必要が少なくなってきているので、いつから動いていなかったんだろう?って感覚ではあったのだが、動かないとなるとこれはこれでちょっと困る訳で…
妻のiPhone/iPadの音楽同期の為にMacBook Airは使われていたと言うこともあり、取り敢えずTimeMachineにバックアップデータがいつまで取られているかを確認する。
購入したのが2012月3月頃なので7年以上経過、その為オブソリート製品に当たる為、Appleでの修理は無理である。(とは言え念のためApple Careに相談は一応した。)
電源が入らない時の第一手段としてはSMCリセットとなるが、ACアダプターのLEDは緑のままなんですよね…
そもそも電源繋がれたままなので、帯電くらいしか考えられないのですが、帯電でなかったら普通にロジックボードがアウトしたことになる。
取り敢えずあと出来る事と言えば、もう裏蓋開けてバッテリーを外してみるしかないでしょ…
で、やってみた結果…うむ、完全に死んだな、これは…
うんともすんとも、全く動く様子がない。
と言う訳で、何の前触れもなく突然死されたので訳である。

さてどうするよ?ってなる訳だが、別の理由で既にiMacを購入する予定を組んであり、その購入時期よりも1ヶ月近く早くこの事態がきたと言う状況であった為、iMacが来たらデータを移すか!って…
その別の理由とは、先日記事として書いたがWindows7のサポート終了である。
妻のPCはテレビチューナー付きで、Windows10へアップデートするとテレビが使えなくなる問題があった為アップデート出来なかったのである。
そもそも、次期購入するPCの予定は当時はテレビがなかった為テレビチューナー付きのPC(つまりNECかFujitsuかTOSHIBA)となっていたのだが、47インチのテレビを導入できた為、私がMacでWindowsを使っているの見ていたと言うこともあり、iMacにしようとなったのだ。

と言う色々流れがあり、iMacを迎え入れることになったのである。

写真はiMac(Retina 4K 21.5-inch 2019)とMacBook Pro(Retina 15-inch Early 2013)をThunderbolt経由で繋いでターゲットディスクモードでデータを移行しているの図
iMac側はThunderBolt3(USB-Cポート)である為、変換アダプターを噛ます必要がある。

ある程度のカスタムはしてある。もっとも購入した後で見逃していたところはあったが、そこはどちらにしても予算的にオーバーだった&妻はデカすぎると応じない為またの機会にする。
※CPUカスタマイズにおいて21.5inchは第8世代、27inchは第9世代という違い
取り敢えず、後々後悔しなくていいようにCPUはCore i5→i7、RAMは8GB→16GBへのカスタマイズ、またキーボードはテンキー付きJISキーへの変更をした。

常にハイエンドを求めていた私だが、結果的にそこまで必要だったのか?というところを振り返ってみると、最低限というラインはあるにせよ、完全ハイエンドという考えは実は数年前から消え失せている。
そこには仕事の変化というのもあるが、PCそのものがある程度の段階に到達したというのも大きい。
今まではこれをしたいならここまでの能力がないと、またそれも処理を求めるなら絶対的ハイエンドという時期があった。しかし今はそうではない。
それを証明してくれているのが自作デスクトップPCだ。
パーツこそ色々変化しているが、ベースは2006年だ。
もっともCPUはCore2 DuoからQuadへ、RAMは4GB→8GB、GPUもNvidia G7600→GTX 260へと変化させているが、未だこの構成でWindows 10が普通に動くし、ある程度のことは処理できる。
そしてもう一つの存在が今回突然死したMacBook Airだ。
非常にバランスのいい個体で、終盤4GBしかないRAMに不安を覚えながらも一般的な使い方なら問題なく動いてくれる。
大事なのは何に使いたいのか?である。
最低限のカスタマイズをしたのは、映像処理をすることもあるし、音楽ソフトを使いこともある私にとって、このレベルは最低限必要と感じている&妻もCPUはi7じゃないとという信念があるという点において一致。
RAMに関しては経験上、このレベルは最低限あったほうがいいだろうという憶測、また万一足りない場合についてはサポート対象外になろうがいざとなったら分解して追加しまっせ!という考え。

もっともこういう考え方ができるようになったのはApple製品に全般的に触れられたというのが大きいのは否めない。
ハイエンドを求めるのであれば、iMac ProだったりMac Proであったりという話になるだろうが、はっきり言ってそこまでいくとレベルの違う話である。
専門的に仕事で必要とする人が使うものであり、一般人は憧れはしても「そこまでして何をする?」というマシンなのである。
正直な話、今やMac miniもフル盛りにするととんでもないスペックである。
そこまでして何するの?ってレベルだ。
だから、本当に必要になったら、その時に考えればいいのである。

そう言った中で、一つだけ…
今回iMacを使っていて唯一の不満は、Fusion Driveとは言え、やはり基本はHDDである為遅い。ここはMacBook Air/Proに慣れてしまった自分を反省している。

情報を色々見ればAppleに対する批判を多々見受けるが、信者ではないがApple製品はいまだによくできていると認めざるを得ない。
こうしてまた一つ、大きな仲間入りをしたiMacを今後も大切に使っていくことだろう。

Posted in ガジェット ブログ 機材紹介

iPad mini5へ

iPad mini3購入から約4年半…
しれっと出たiPad mini4からも約3年半ぶりとなるiPad miniシリーズの第5世代がようやく販売された。

ご存知の方も多いと思うがiPad mini3はiPad mini2のTouch ID搭載モデルってだけで中身はiPad mini2と同じであっただけに、当時の私も悩んだ挙句の果てに選んだ機種であった。
翌年にiPad mini4が販売されたが、この時にどれだけ「失敗した」と感じたことが…

その後、このiPad miniシリーズは沈黙することとなる。画面は大きくなっていくし、iPadの目指す道はやはり大きい事はいい事だなのかと思い始めていた。

iPad mini3はバッテリーの膨張によるディスプレーの押し上げとみられる滲みが少し見られる状態になるだけでなく、バッテリーも経年劣化により持ち運んで使うのは厳しい状態になり
「バッテリーを交換するか、新しいiPadを購入するか?」
という状況に追い込まれていた。

昨年発表されたiPad Proを見て、やはり変えるしかないのか…と半ば諦めていたところに噂は訪れた。

噂されるのは何も今回が初めてではない。だが、かつてのiPadのサイズが復活するなどここ最近の動きから、今回はそこそこ信憑性があるかもしれない。まだ諦めちゃダメだ!そう、やはりこのサイズが良いのだ!

てな訳で、予約開始時間に遅れる事数時間後に予約したが、販売スタートとなる昨日、無事ゲットしたのである。

今回の決め手はCPUにA12 Bionicを搭載した事に尽きる。A7チップからの随分と進化を遂げることとなる。

これまでセルラーモデルのアンテナ部がプラスチック製だったのが樹脂ラインだけに置き換わったのはデザイン的にも綺麗である。それ以外は殆ど何も変わらないと言っても過言ではない。はっきりしているのはスマートフォンもタブレットも成熟期に到達したという事である。

今回Apple Pencilにも対応するが、そんなに使う機会はないだろう。
第1世代のiPad Pro 9.7inchの時に既に色々体験しているので未新しいものではないし、現状あると便利程度で必須というわけでもない。

使い道としては基本、以前と同様カーナビの代わりであり、後はあると便利な手軽なタブレットという位置付けだ。
そういった意味では今までと同じように使え今まで以上に使えるという安心感の強みは大きい。

取り敢えず、先の3年は使えるという安心を私は手にしたと思っている。
魅力的な製品は、ここ数年のリーク情報漏れがある限りないかもしれない。

Posted in ガジェット ブログ 機材紹介

iPad mini 3 レビュー

初代iPad miniを下取りに出してiPad mini 3にしてから約1週間が経ちましたので私なりのレビューを…

結論から言えば私にとってはこれで正解で、やはり車の中でナビがメインとなるのでこの大きさが丁度いい。
確かにA8Xチップを搭載しているiPad Air 2は魅力ですが、多分持て余すことになると思われます。
iPad mini 2からのiPad mini 3という変更はないのか?と言われると実際に使ってみての意見としてちょっとはアリなのかも?という部分もあったり…
やはりTouch IDは便利です。ロック解除が指一本で1動作で完了するので車の中で使う事をメインとするならばこの機能は大きいと言えるでしょう。
とは言え不満がないかと言われると、それはあります。iPhone 6 Plusを持っていると結構気になりだす部分で、液晶が沈んで見えることでしょうか?これはiPhone5sでもそう思えるのでフルラミネーションディスプレーというのは今後大きなキーワードになりそうです。
またこれはiPad Air 2にも言えることですがCA(キャリア・アグリゲーション)は非対応であることもちょっと残念なポイントです。

とは言え、私にとっては非RetinaからRetinaとなったことでナビゲーションの地図は見やすくなりiPhoneアプリの字のギザギザも目立たなくなりそれなりにプラスになっていることもあって、ある程度の満足感は得られています。
ただ、驚きはそれほどありません。
面白いことにiPad Air 2に対してもそこまでの驚きがない。
iPad mini 3を手にしてからもiPad Air 2は実機を見てはいますが、欲しいという衝動に狩られない。不思議なくらい狩られない。それはiPad mini 3で特に不満がないからというのが大きいのかなという感じがします。
今後iOSのアップデートなどでこの辺が変動することがあるかというと、おそらく1年後にそれが起こるというのはなさそうな気がします。
考えてみればiPadであれこれやりたいというのがあまりないので当然の結果なのかもしれません。

iPhone 5s、iPhone 6 Plus、iPad mini 3の3台持ちとなりましたが、それぞれがそれぞれの役割分担をちゃんと持っていて、私の仕事においてこの3つの組み合わせは今の所ベストと言えます。
特に初代iPad miniからiPad mini 3にしたことによって初代の時には最近はほとんど活用していなかったのですが、iPad mini 3になってから活用の機会が本当に増えました。

これで、来年の新製品の発表で新製品に心動かされたとしたら、それはかなり魅力のある製品ということなのでしょうね?
さぁ、今度こそ2年間きっちり使うことはできるのでしょうか?それとも新製品という誘惑に負けてしまうのか?(欲しいと思った時点で負けという話も…)

Posted in ガジェット ブログ モバイル 機材紹介

え?嘘でしょ?まさかのiPad mini 3

iPad mini 3iPad mini with Retina Display(以下iPad mini 2と記す)にTouch IDを搭載しただけで色はGoldが加わっただけでベンチマークは遅いとか色々出ておりますが、初代iPadminiからiPad mini 3に機種変更しました。

当然スペック上は今回iPad Air 2に分売は上がると思われるところをあえてのiPad mini 3にしたのにはそれなりの理由があるわけです。
実は直前の直前までiPad Air 2にする予定でいましたが、店頭で台の上でしたがiPad Air 2をその薄さゆえ落としました。(滝汗)
実はまだサードパティ製のカバーが出ていなく、iPad Air 2用のカバーが店頭に一つもなかったというのもあり、またiPad mini用のカバーをつい最近購入したばかりでもったいないというのもあり…
ですが最大の理由は私の使用用途上、やはり9.7インチは大きいのです。
iPad mini2にするというのも手だったのですが残念ながら在庫がなく、iPad Air 2でと店員さんに告げて、用意してもらう直前で「やっぱりiPad mini 3で…」と言ったのです。

初代iPad miniをそのまま使うという考えは既にありませんでした。A5チップですし、もう次のOSはまず無理です。すでにiOS7にした時点で失敗と感じていたわけですから…
大きな誤算はiPad mini 2の時に起こりました。iPad AirとiPad miniの差は画面の大きさだけということが起こったわけです。そうCPUはA6かA6Xが積まれるであろうと思っていたのにもかかわらず、A7チップが搭載されてしまった。
初代iPad miniと同時に出たのがiPad 4thですがこれがA6Xチップでそれに対するiPad miniはA5だったという流れを組むとiPad mini 2が特別だったと考えることもできます。
iPad mini 2とiPad mini 3に差がないのには事前に噂されたiPad miniがなくなるかもというのにリンクしていると思いますしなにより12.9インチのiPad Pro(仮)が出るかもという噂にもリンクしている。つまりiPad mini 3は最後のiPad miniになる可能性もあるわけです。
もう一つ、私にとってモバイル端末はiPadがメインではなく、あくまでメインはiPhoneとなるわけで、これまでも基本的にiPadはナビがメインで使ってきていたということを踏まえると、やはり私にはiPad miniがいいのかもしれません。
将来性についても考えました。現在のiOS8.1ですがA6チップを搭載しているiPhone5/5Cでもっさりしているという話は聞きませんし、現に私もiPhone 6 Plusにする直前までiPhone5をiOS8にしていましたが特に遅いと感じたことがないことを考えるとA7チップであれば次のiOSでも遅くなるというのは考えにくいのかな?と思ったりしているわけです。
他にも理由はあるのですが、これくらいにしておきましょう。

そんなわけであえてのiPad mini 3は一体どうなのか?
まず、その箱です。
iPad miniとiPad mini 3の箱iPhone 6 Plusの時もそうでしたがフォントが変わったという事とアップルマークが製品名の前に付くようになりましたね。
ACアダプターはiPad mini 2の時から12Wのアダプターになっていたそうですね。
箱の正面はあまり変わり映えがないので省略です。

さて、これが後々後悔することになるのか?それとも?