iOS7.0.3 偶然なのか?

iOS7.0.3単なる偶然なのか?
去る10/23にiOS7.0.3のアップデートが公開されました。
OSX10.9 MavericksにiCloudキーチェーンが搭載されることもあり、iOS7.0.3ではバグの修正のほかiCloudキーチェーンにも対応しました。
特にiPhone5sにおいてはモーションセンサーの修正も入った事もあり、早々にアップデートしたのはいいのですが…
その途端、バッテリーの減りが極端に激しくなりました。
100%充電からわずか4時間で20%に…
これはiPhone5sに限った事ではなく、iPhone5、iPad miniでも同様の現象が起こっていました。

ところがTwitterで追っかけてみると特にバッテリーの減りが早くなったというようなツイートは見当たらない…
とりあえずここはApple Careサポートセンターに電話してみる事にする。
バックグラウンド更新一つの可能性としてあげてきたのはAppのバックグラウンド更新が原因ではないか?ということであった。
確かに、可能性は否定できない…がしかし、これはiOS7にしたときからずっとオンにしたままである。
iOS7.0.3になったからと言ってこれが急激にバッテリーを消耗するとは考えにくい。
あとはハードウェアの問題ということだが、これも考えにくい。
もっとも、3台とも同現象になるというのは確率的にもかなり低い事象であるが故、当然疑う可能性として高くなってしまうのはiOS7.0.3そのものの問題ではないか?という部分になってしまうわけだが、AppleのGeniusスタッフはこの問い合わせは私が初めてだと言うのだ。
確かに前述した通りTwitterのリアルタイム検索でそのようなツイートを見かける事はなかったわけで…
とりあえず、Appのバックグラウンド更新をオフにして様子を見てみることに…
結果として全く現象は改善されず。

ともなればハードウェアを疑う前に出来る事は復元だけである。
3台とも復元をしてみる事にする。
復元後、3台ともAPPのバックグラウンド更新はあえてオンにしてみた。
すると、あら不思議。異常なまでの減り方が無くなったではないか!

確率的には低いはずの3台とも同現象であったが、まさしく3台とも同現象という極々稀なケースを引き当てたらしい。
やはり、何かしら問題が起こったときは面倒でも一度復元を試すのが最善なのかもしれない。

因みに、今回3台ともアップデートは各端末のソフトウェアアップデートで行った。もしかしたらこれが案外原因なのかな?
復元から約1週間経とうとしていますが今の所特に問題は出ておらず安定しています。
何かしら問題の起こっている人はバックアップをとって復元を試してみる価値ありだと思います。

iPhone5SとiOS7と…

長らくほったらかしになっていたブログ…
気がつけばWordPressのバージョンが3.6.1になっていて…
なかなか最近は続けて書くということが難しい。
初め頃は珍しさもあって、ブログにしてもmixiにしてもTwitterにしてもFacebookにしても、書くことが楽しいなのだが…
続けるというのは簡単なようで意外と難しいものだと改めて感じる今日この頃である。

iPhoneが日本で初めて解禁となったiPhone3G以来、乗り換え続けてきたわけですが、そろそろ追いかけ続けることにどうでもよくなりつつも、なんだかんだいって乗り換えているわけですが…
ただ、iPhone4S頃からやはり実用性というものを考えるようになりました。
そういった意味で今回発表されたiPhone5Sを私の視点から見ていきたいと思うわけで…
iPhone5s

スペースグレー・シルバー・ゴールドの3色展開となったのは存知だとは思うが、これまでのiPhoneユーザーが圧倒的に選ぶのはやはりゴールドだろうというのは容易に推測できることで、当然品薄で待たされることは覚悟済みではあったのですが…
iPhone5S
待たされるとだんだんどうでもよくなってくるというのは、何なのでしょうかね?

ともかく、今回の注目は何と言ってもTouch IDだと思うのですが、意外と指紋認証ってあっさり盗まれるらしい…
とは言え、簡単にロックを解除できたり、パスワード認証できるようになるのはありがたいことです。
最も、パスコードにおいても4桁ではすぐに解かれてしまう危険を知っておきながら、だからといって長いパスコードを毎回打つのは面倒な為に4桁にしていた人も、これで長いパスコードを設定することに何のためらいもなくなるでしょう。少なくとも私はそうである。
というより、むしろそうすべきである。指紋認証で解除できない場合はパスコードが必要である。これが4桁のパスコードではせっかくのTouch IDも無意味になるということだ。
つまり、私はTouch IDの良さというのは複雑なパスワードを毎回入力する手間を省くものと考えている。
指紋認証でも不安なら静脈認証でも網膜認証でもなんでもやればいいと思うが、そもそも、完璧なセキュリティーは存在しない。
ただ、今までのiPhoneの中でもセキュリティー的には少しでも高いものとは言えると思う。
ビジネスで使う人にとってiPhone5Sは選ぶに値する機種だと私は思うのだ。

iPhone5Sにおいて次に注目すべきはやはりカメラである。
既にYouTube等にレビュー動画があがってきているが、カメラの向上はiPhone4S以来の向上と言える。
特に暗所での撮影にはその威力をはっきり感じ取ることができる。
動画撮影の120fpsも面白そうだ。

意外と注目されていないのがM7チップだが、これも見逃せない。
これまで加速度センサー、ジャイロスコープ、コンパスはCPUとなるA4/A5/A6チップが担ってきました。
これをM7という専用のチップが担うことでCPUとなるA7は本来の力を発揮できることになります。
また、M7チップによってこれまでにない新世代のヘルス系、フィットネス系アプリを実現する可能性を秘めている訳です。

これらを踏まえるとiPhone5SはiPhone5から何も進化していないように見えて実は大きな進歩を遂げているのですが、注目されているのはどちらかというと所謂プラチナバンドと呼ばれる800MHz帯の方だったりしてau優勢とか言われているけど、auの弱点を忘れていませんか?
通話中はパケット通信、つまりネットやメールは使えないのだ。※Wi-Fi環境化であれば通話中でもネットやメールは使えます。
そうはいいながらも私はauを選んでいますがね…
iOS7
そしてiOS7の性能が全部発揮できるのもiPhone5Sの特徴だ。

フラットなデザインとなったiOS7だが、その賛否は色々あるが、便利になった面が多い。
これまでの慣れというのが大きいこともあって、最初は違和感だったが、ようやく慣れてきた感はある。
とは言いながらも、未だにWi-Fiのオンオフとかコントロールセンターがあるのにも関わらず設定からわざわざアクセスしていたりするが…

iPhone5C
iPhone5Cについては64GBが出ていれば個人的には選択の余地があった。というのは単にAndroidとの決別が目的な部分もあり、また連絡帳もiCloudで統一して使えると言う部分があるから…
廉価版と言う報道が多かったが、AppleはiPhone5Cを廉価版とは位置づけていない。これからiPhoneを初めて持つ人向けとか学生向けとか色々言われているが、私の解釈は色による個の主張だと思っている。
だが、もう一つの意味もあるらしく、今回はこれまでと違いiPhone5は新興国向けとして扱わなくなっている。(代わりと言うべきか、iPhone4S 8GBは日本以外の国では扱うようだが…)これは、修理業者に脅威を感じたAppleの策として、前の機種を廉価版にせず代わりとしてiPhone5Cを作ったと言う説がある。
iPhoneを修理して長く使われると、新しい製品が売れないからであるという見方だが、私は一理あるのではないかと見ている。
iPhone5とiPhone5Cでは違いは殆どないように見られているが、紛れもなく新しいiPhoneである。

と言う訳で、iPhone5Sが未だに届かない私のぼやき&メモ書きであるが、何かの参考になるのだろうか?