あけまして、更新!断念!

明けましておめでとうございます。
今年は少しBlogも充実させたいなと思ったり…

とこの記事を書く前にいきなりWordPressのアップデートが来ていたり…
早速更新しましたが、そろそろブログのデザイン変えたいなと思いつつ、未だ良いデザイン見つからず…
というか、このデザインはプラグイン古いけど使いやすかったりするのだ。
まぁじっくり睨めっこしておきますかね?

さて、ようやく本題。
2年程前からMacを導入したわけですが、半年くらい前からようやくメインプラットホームがWindowsからMacへと徐々に移り変わりつつあります。
とは言え、仕事柄Windowsは必須な為、当然Windows環境も一緒に使っているわけですが、このWindowsもVMware Fusionを使わなくなってきました。
完全にBootCampで起動させたほうがパフォーマンスいいし…というのもあるのですが、一番大きいのはライセンス上の問題です。
私が使っているWindowsはDSP版な為ライセンスが1つしか与えられていません。その為VMware Fusion上ではライセンス認証ができないのです。
正規版ですと、インストールは2台まで出来、ライセンスは1つですが、同時起動でなければ2つライセンスは与えられるのでBootCampとVMware Fusionでも使えるわけですが、追加ライセンスは高いですし、Mac上からWindowsを立ち上げられると便利な点は確かにあるのですが、BootCampで利用できさえすれば、仕事上においてそこまで困らないという結論に至ったということと、一番大きかったのはPages、Numbers、Keynoteがあれば基本Microsoft Officeが必要に迫られる事は私の仕事においてはほぼ皆無という事も判明した為、VMware Fusionは現在ほぼ用いていない。(2012年12月まではBootCamp&WMware Fusionでもライセンスがそれぞれに与えられていた為、そのときに環境を作ったMacBook Air上ではVMware Fusionを利用中。)

先月記事にしたUEFI環境下でのWindows8のインストールだが、これに関しては断念する事にした。WindowsのUEFIの扱いがかなり特殊という事が判明したという事と、Mac側のUEFIのバージョン問題で認識しない機器がある事が判明した為である。
特にMacBook Proにおいてはグラフィック環境が特殊でIntel HD GraphicsとNVIDIA GeForceの自動切り替えの為なのかUEFI環境でのインストールはドライバインストール後がうまく行かないようである。MacBook Air上での動作報告事例が挙がっているのはIntel HD Graphicsしか搭載していないからではないか?と睨んでいるのだがどちらにせよオーディオI/FがUFEI環境だと使えない。元々UEFI環境でのインストールはAppleがサポートしていないので素直にBootCampで使う事にした。確かに起動時間や終了時間はUEFI環境の方が早いが、BootCampでもそこまで遅いわけではないので時期が来るまで待つ事にしましょう。

ようやくUSB AudioI/Oとして持っているTASCAM US-660がMavericksにも対応した為、新曲制作はMacで行いたいなと思いつつも、Logic初めてなので操作に戸惑い中。慣れた環境って怖いね。やっぱりCUBASE導入した方が早いかなぁ?って最近思ったりしております。結局動画制作は慣れたWindowsで行っていますしね。とは言え一応Logicはわざわざ購入しているので何かしら使いたいとは思っていますが…
今年はもう少し音楽に力を入れられればと…

というわけで、今後もWindowsとMac共々、そしてiOS関連もいろいろ綴っていきますよ。
本年もよろしくお願い致します。