【備忘録】デュアルブート環境からWindows XP再構築

デュアルブートやトリプルブートといった複数のOS環境を使えるようにシステムを組むにはOSを古い順から入れるというのは常識ではあるものの、時に古いOS環境だけ再インストールしなければならないといった事態に見舞われることもある。
そういった場合の注意事項をWindows XPを中心にまとめることにする。

サポートの切れたWindows XPの再インストールは早めに…
Windows XPじゃないと動かないシステム。代替システムがないため仕方なくそのまま使い続けるという方も多いとおもう。筆者もその一人だ。
筆者の場合、Windows 7とWindows XPのデュアルブート環境で、必要な時だけWindows XPを起動させるという使い方であったが、Windows XP側だけ調子が悪かったため組み直すことになった。(結果的にハードウェア起因であったが…)
この場合Windows 7の環境を残したままWindows XPを再インストールしたいというのがほとんどだろう。これが中々難しいのだ。

まずは筆者の場合のパーティション構造を説明しよう。
パーティション構造
図を見て分かる通りRaid0構成(ストライピング)2TB×2の計4TBのHDDをそれぞれRaid構成上で2TB毎に分け、そのうちの一方は4つに分割している。
Windows XPからもすべて認識させたいためMBR構造である。(2.2GB以上認識しないためRaid0を4TBにせず2TB毎に分けている。)
4つに分割しているパーティションはそれぞれプライマリパーティションである。

最初に構成した時にWindows XPからインストールしているため、Windows XPから見たシステムドライブ(OS)はこの時点ではC:となる。
問題は再構築の仕方だ。
筆者の場合、Windows.oldフォルダを作ってしまうことを避けるためにパーティションを一度削除してしまったせいでインストール後に確認してみるとプライマリではなく論理ドライブとなってしまった。それだけではなくWindows XPのシステムドライブはI:となってしまった。
そこで、もう一度Windows XPインストール時にの修復を開きDiskPartでプライマリパーティションで作り直し、再インストールするがWindows XPのシステムドライブはやはりI:のままである。
システムのドライブレーターを後から変更させるのは容易ではない。Microsoftが提供しているサポート情報では変更できず、かつて存在したPartition Magic 8のDriveMapperというので変更できなくもないのだが、2TBという容量のせいかうまく動いてくれない。
万策尽きたかと諦めかけたが、DiskPartからドライブレーターのアサインを設定する方法があることを発見。問題はここで使うDiskPartはWindows XPのものではなくWIndows Vista以降のものということだ。
Windows XPのDiskPartは単にパーティションを作成・削除しかできないが、Windows Vista以降のDiskPartには様々なスイッチオプションが付いている。
これによりドライブレーターのアサインを変更できるのだ。

list volume

で全体のボリュームドライブレーターの割り当てを見ることができる。ドライブレーターがC:となっているボリュームを選択する。

select volume <選択したいボリューム番号>

ここでこのボリュームのドライブレーターをZなどにアサインする。

assign letter=Z

あとはC:を割り当てたいボリュームを選択してドライブーレーターをC:にアサインするだけだ。

これでWindows XPをインストールすればシステムドライブをC:に割り当てることができる。

インストールが完了したらデュアルブートの再構築を先にしてしまうことにする。その方が安心できるからだ。

Windows 7のインストールディスクに付いている修復は便利になっている。何度かスタートアップ修復をすればWindows 7が立ち上がるようになる。
もちろんコマンドラインでbcdeditを使いこなせればそれに越したことはないが、bcdeditでの設定はかなり面倒である。
そこで簡単にブートメニューを構築できるのがEasy BCDだ。無料版で十分使える。日本語化パッチもある。
Windows 7が起動するようになれば、Easy BCDでデュアルブートを組めばいい。
これでWindows 7とWindows XPのデュアルブート環境が整った。

さて、問題はここからである。
Windows XPをインストールした場合のInternet Explorerのバージョンは『6』である。
そしてもう一つの問題は、Windows XPのインストールディスクによってインストールされるWindows XPのサービスパックは『無し』か『SP1』になるかと思う。
自動更新でアップグレードするのも良いが、SP3を当てたインストールディスクを作るか、あらかじめSP3をダウンロードして用意しておく方がいい。
これはなるべく早めに作っておく方がいい。すでにXPのサポートは終了しているからだ。現時点(2015/11/20)作業時にはWindows Updateも行えたが、Windows Updateが対応しなくなるのも時間の問題だ。
なぜならばInternet Explorer 8のダウンロードは現在ダウンロードセンターからはできず、Windows Updateからしか行えないからである。
それだけではない。

筆者の場合、Windows Update前にグラフィックボードドライバー(NVIDIA)の最新版を入れたらどっと動きが重くなった。
どうやら.Net Framework4を使うからのようで(ドライバーインストール時に同時インストールされる)それまでの.Net Frameworkがインストールされていないのが原因ではないかと睨んでいる(確証はない)。
というのもその後のWindows Update(カスタム)で.Net Framework 1.1/2/3.5 等がインストールされた後はすんなり動作しているからである。
これらをダウンロードセンターから直接ダウンロードしておくのも一つに手であるが、Windows Updateが有効な今のうちにまっさらなシステムを組んでしまい、バックアップイメージを作ってしまう方が手っ取り早いかもしれない。

インターネット時代におけるサポート終了したOSのより扱いは厄介かもしれない。

あけまして、更新!断念!

明けましておめでとうございます。
今年は少しBlogも充実させたいなと思ったり…

とこの記事を書く前にいきなりWordPressのアップデートが来ていたり…
早速更新しましたが、そろそろブログのデザイン変えたいなと思いつつ、未だ良いデザイン見つからず…
というか、このデザインはプラグイン古いけど使いやすかったりするのだ。
まぁじっくり睨めっこしておきますかね?

さて、ようやく本題。
2年程前からMacを導入したわけですが、半年くらい前からようやくメインプラットホームがWindowsからMacへと徐々に移り変わりつつあります。
とは言え、仕事柄Windowsは必須な為、当然Windows環境も一緒に使っているわけですが、このWindowsもVMware Fusionを使わなくなってきました。
完全にBootCampで起動させたほうがパフォーマンスいいし…というのもあるのですが、一番大きいのはライセンス上の問題です。
私が使っているWindowsはDSP版な為ライセンスが1つしか与えられていません。その為VMware Fusion上ではライセンス認証ができないのです。
正規版ですと、インストールは2台まで出来、ライセンスは1つですが、同時起動でなければ2つライセンスは与えられるのでBootCampとVMware Fusionでも使えるわけですが、追加ライセンスは高いですし、Mac上からWindowsを立ち上げられると便利な点は確かにあるのですが、BootCampで利用できさえすれば、仕事上においてそこまで困らないという結論に至ったということと、一番大きかったのはPages、Numbers、Keynoteがあれば基本Microsoft Officeが必要に迫られる事は私の仕事においてはほぼ皆無という事も判明した為、VMware Fusionは現在ほぼ用いていない。(2012年12月まではBootCamp&WMware Fusionでもライセンスがそれぞれに与えられていた為、そのときに環境を作ったMacBook Air上ではVMware Fusionを利用中。)

先月記事にしたUEFI環境下でのWindows8のインストールだが、これに関しては断念する事にした。WindowsのUEFIの扱いがかなり特殊という事が判明したという事と、Mac側のUEFIのバージョン問題で認識しない機器がある事が判明した為である。
特にMacBook Proにおいてはグラフィック環境が特殊でIntel HD GraphicsとNVIDIA GeForceの自動切り替えの為なのかUEFI環境でのインストールはドライバインストール後がうまく行かないようである。MacBook Air上での動作報告事例が挙がっているのはIntel HD Graphicsしか搭載していないからではないか?と睨んでいるのだがどちらにせよオーディオI/FがUFEI環境だと使えない。元々UEFI環境でのインストールはAppleがサポートしていないので素直にBootCampで使う事にした。確かに起動時間や終了時間はUEFI環境の方が早いが、BootCampでもそこまで遅いわけではないので時期が来るまで待つ事にしましょう。

ようやくUSB AudioI/Oとして持っているTASCAM US-660がMavericksにも対応した為、新曲制作はMacで行いたいなと思いつつも、Logic初めてなので操作に戸惑い中。慣れた環境って怖いね。やっぱりCUBASE導入した方が早いかなぁ?って最近思ったりしております。結局動画制作は慣れたWindowsで行っていますしね。とは言え一応Logicはわざわざ購入しているので何かしら使いたいとは思っていますが…
今年はもう少し音楽に力を入れられればと…

というわけで、今後もWindowsとMac共々、そしてiOS関連もいろいろ綴っていきますよ。
本年もよろしくお願い致します。